【翻訳しにくい日本語表現】どうして「思います」なの?!

翻訳者を目指す方のための翻訳講座の講師roberto先生の記事。どうして「思います」なの?!

8歳の息子が理解できない日本語表現

みなさん、こんにちは。イタリア在住のロベルトです。

突然ですがこの文章を訳してみてください。

「では、これから説明に入ろうと思います」

 

実はこの上の文章には、私の8歳になる息子が、日本人Youtuberの動画を見ていて理解できないと思った表現が含まれています。

息子の疑問は、「どうして『思います』っていつも言うの?」というもの。

 

「これから組み立ててみたいと思います」
「できたかどうか見てみたいと思います」
「どうだったか聞いてみたいと思います」

 

息子は「これから組み立てますって言えばいいのに、なんで『思います』って言う必要があるの?やろうかどうか迷っているから?」と聞いてきました。
「思います」はただの表現ですが、確かにそういう風に受け止められますね。

最初の「では、これから説明に入ろうと思います」も迷っているわけではないので、訳す際は日本語の「と思います」を完全に無視して、Let’s move on to the explanation.でいいでしょう。

 

外国人がとまどう高度な断りのテクニック!

日本では、断りたい時、Noと言いたい時に、「ちょっと厳しいかな...」という表現をしますね。
その「ちょっと」の役割は何か?そして、「かな」とは?外国人が疑問に思うところです。

例えるなら...京都の人に「良い時計してますなぁ」と言われて、その意味が「話が長いよ」という意味なのと同じような印象かな?
表現がインダイレクトで、外国人には分かりにくいです。(京都の時計やお茶漬けの話は本当ですか?)

日本語の文法として、こうした言い方をする必要はないですが、日本語ネイティブはこのような言い回しを好んでしますよね。

日本語にも当然「はい」「いいえ」という言葉がありますから、「今日飲みに行こうよ」という誘いに、「いや、今日は行かない」と答えてもいいはず。

しかし、多くの日本人は、まず「いいえ」という否定の表現を飛ばし、さらに「今日はちょっと」という文法的に意味不明な答え方をすることで、「行きたくない」気持ちを優しく包んで相手に示すという高度なテクニックを使います。

ですので、英語でも、Are you coming tonight? という誘いに対して「今日はちょっと」の気持ちを出したければ、Not today, sorry. と言うことができます。

同じように、「そろそろ帰ろうかな」の“かな”も、ストレートに「帰る/帰りたい」と言ってしまっては相手が不愉快に思ったり、失礼だと感じたりするだろうから、“かな”を入れることで、「帰りたいという気持ちがありますが、とても帰りたいというわけじゃない」という雰囲気を出す技術ですよね。

最初に出てきた「と思います」の役割も丁寧さ。
「私はこうしようと考えていますが大丈夫ですか?」というニュアンスでしょう。

この「日本人的な表現や言い回し」ができない限り、日本語が上手になれないし、翻訳もうまくできません。

翻訳をする時には、その隠れた意味やニュアンスをしっかり表した方がいい時もあれば、無視した方がいい場合もあります。
これは翻訳者にとって大きなチャレンジになりますが、楽しいものでもあります。

 

 


邦楽・洋楽のヒットソングで英語を学ぼう!


名曲を訳しながら解説♪翻訳家の言葉の選び方

名曲を訳しながら解説♪翻訳家の言葉の選び方


プロの翻訳家が実際に訳す過程をイチからお見せします!
文芸翻訳の中でも特に深い読解力と言葉選びのセンスが要求される楽曲翻訳について、一行ずつ丁寧に解説した飜訳集。
日本語・英語の曲、合わせて12曲が収録されています。一緒に翻訳をしていくことで、プロならではの技術が習得できます!

詳細はこちら: https://www.fruitfulenglish.com/customers/G15.html

 

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
翻訳家のたまご

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (63 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

イタリア在住。3言語の通訳・翻訳家。最近は特に、十数年住んだ日本が懐かしくてたまりません。