社員のビジネス英語力に不安を感じていませんか?

ビジネス英語 これからの担当者

  • 社内で英語研修をしているが、効果があったのか評価しづらい…
  • 英語圏のクライアントと取引を行うことになった…
  • 英語でメールしたものの、契約内容は正しく伝わっただろうか?
  • 些細な英語表現ミスが原因で、大きなクレームになってしまった…
  • 営業担当者の英語は、相手にどんな印象を与えているだろう?
  • 英語でプロモーションしたいが、どんな表現が有効なんだろう?

ビジネス英語活用中の担当者

うちの社員の英語は、相手に正しく伝わっているだろうか?

グローバル社会で通用する英語力を求めるご担当者様へ

会社を経営する上でも、「社員の英語教育をどうするか?」という点で頭を悩ます方が多いのではないでしょうか。
英語教材を使った学習や、講師を招いての英語講習会など、様々な研修の方法がありますが、どんなに優秀な教材にも「自己流の英語を矯正する」「自分でも気づかない誤りを正す」ことはできません。

例えば、おぼつかない日本語の営業メールに対して、どう感じるでしょうか?
どことなく不安・不審な印象を受けてしまいますし、
またそれ以上に、伝えたいことが正しく伝わらないリスクも感じるでしょう。
ビジネスで英語を活用するなら「自然に感じる・正しく伝わる英語」を身に付けることが重要です。

間違った英語でビジネスに損害を与える前に…

社員の英文Eメールには、平均して1通にこれくらいの間違いがあります

Dear Mr. Smith,

I am sorry for replying so late. I have been on sick leave lately.

I have finally arranged the meeting with an editor, Mr. Yamada, so can you come at midday tomorrow?

Im afraid that tomorrow was the only day available as Mr. Yamada must go to Paris on the 28th.

Our offices are near Tokyo Tower, which is also about a 10 minute walk from Daimon Station.

If you look at the attached file, there is a map.

I think that it is good that editors speak to as many designers such as yourself as possible.

Regarding your fee,you will receive it until the end of this month.

The itemized statement has already been sent by accounting department. Many thanks.

Yours Sincerely,

Taro Sato

日本人の英語の実に87.3%に間違い

私たちフルーツフルイングリッシュの添削サービスを利用した直近3000名の第1回目の英文添削の自然さの調査では、実に87.3%の方々の英語に何らかの改善点が見つかりました。

調査によると話すより書く頻度が高い

TOEICを運営するETS社の英語利用動向調査によると、英語は話すより、職場では書く頻度の方が多いことが調査でわかっています。

職場での英語コミュニケーション、
実は75%が英文メール

海外で行われた別の調査では、実にビジネスで使う英語の全コミュニケーションのうち75%がeメールによるものであることが分りました。

間違った英文Eメールは内容が独り歩きします。

会話のようにフォローができません。

フルーツフルイングリッシュは
「英語を書く」
ことに特化した
オンライン学習サイトです

英語を「書く練習」と「添削指導」を通じて、
間違いに気が付かせることで英語力をアップさせ、
英語を自信をもって使えるようにします。

ビジネス英語力の強化にライティング・添削が有効な3つの理由

  • 「本当に使える英語」
    が身に付く添削

    英作文ライティングとは、アウトプットの練習です。手を動かして書くことによって、英語を使う力(アクティブボキャブラリー)が増えていき、ビジネス文書にはもちろん、英会話にも応用できる「本当に使える英語」が身についていきます。
    「やったつもり」の無駄な勉強会を避ける、身になる学習法です。

  • 個人に合った指導を
    してもらえる

    添削を受ける人の理解度、細かい癖やミスまで目に見えるため、その人に合ったピンポイントな指導が受けられます。どこを間違えたのかに気づき、復習することが、着実な英語力のアップにつながっていきます。
    正しく自然な英語を学ぶためにうってつけです。

  • 学習サイクルが
    管理しやすい

    添削サービスには「課題の提出」という明確なフェーズが存在するため、受講者にとっても、管理者にとっても、学習サイクルの管理がしやすいのが特徴。
    英語の上達度についても数値化してレポートしているため、人事担当者の方には社員の受講状況・能力評価の管理にも活用いただけます。

フルーツフルイングリッシュの特徴

ビジネス経験・英語指導資格が
ある講師が多数在籍

当社の講師の採用率は平均して3%です。添削指導にもっとも大切な役割を果たす講師の採用について、添削者の調達を外部の会社に委託している会社が多い中で、フルーツフルイングリッシュは自社で採用活動を全て行っています。お客様満足度が高いのは当社が独自の基準で独自に採用している講師が大きな役割を果たしています。

日本人の英語を50万件以上添削指導して作られた、
豊富な学習サービス

学習の悩みや、学習スタイルに合わせてピッタリのサービスが見つかります。自分が表現したいことは「自由作文」で、資格試験などに必要な表現はほかの「課題」で、と使い分けて学習できるので、学習効率が段違いです。

ビジネス英語に特化したコースも多数

グローバル化に備えて、社員に現地で通用する英語力を身に着けてほしい!そんな企業様のご要望にお応えします。

ライフサイクルでの英語力アップのサポート

英語を「書く練習」と「添削」を通じて、「間違いに気づき復習することで着実に英語力をアップ」させます。
50万件の添削データから日本人英語の弱点・改善点を分析し課題化しているから学びが効果的です!

フルーツフルイングリッシュの
法人向け オンライン英語研修サービスの概要

社員の受講状況、英語の上達状況を
リアルタイムで確認いただけます。

フルーツフルイングリッシュなら、単なる受講状況のレポートだけではなく、英語の上達度についても数値化してレポートします。人材配置など、正確な英語力が必要な社員の、実務的な英語能力の相対的な評価にもご活用いただけます。

チケット制だから、業務の都合にあわせて
柔軟にご利用いただけます。

一番人気の英作文チケットなら、原則として有効期限がないので、他のスクールのようにチケットが失効してやる気をなくす・かけたコストが無駄になってしまうということはありません。
月謝も発生しないので、業務が忙しくなってきたら一休みしても大丈夫。
業務の合間の自己学習に最適です。
さらに企業会員様なら、導入人数により最大20%までの割引プログラムもございます。

カリキュラム

人によって英語力も、その英語を使って何をしたいのかゴールも様々です。
ですから当社では固定のカリキュラムを準備していませんが、大きな1つの大きな学習ルートは準備しています。
これに従って学んでいくことで、最終的にその人に必要な英語力が身に付くようになっています。

選べる3つの契約タイプ

導入企業様のニーズによって3つのタイプから選べます。 社員の受講料以外、導入費用・運営コストなどはかかりません。

  • 法人利用型

    福利厚生の一環として、法人契約による割引価格で社員に語学トレーニングを提供したい企業様

  • 個人利用型 (法人契約タイプ)

    福利厚生の一環として、法人契約による割引価格で社員に語学トレーニングを提供したい企業様

  • 個人利用型
    (個人契約タイプ)

    社員が個人で負担した受講料の一部もしくは全額の負担を行いたい企業様

導入の流れ
  • 01

    お問い
    合わせ

    専用フォームからお問い合わせください

  • 02

    ご訪問

    御社が東京 23 区およびその近郊の場合は、法人営業担当が直接ご訪問させていただきます。

  • 03

    デモ

    必要に応じて担当者様向けに当社サービスの使い勝手をご確認いただけるテストアカウントの発行を行っております。

  • 04

    本導入

    法人契約を締結させていただき、ご利用開始の準備をさせていただきます。

  • 05

    導入後
    サポート

    導入後も社員様および企業研修導入担当者のサポートをさせていただきます。

他社との違い
フルーツフルイングリッシュにはお客様から選ばれる理由があります。

信頼ある政府後援の日本e-Learning 大賞において
「英語ライティング部門賞」受賞!!

名だたる大企業、教育・研究機関が受賞するなか、e-Learningアワードフォーラム2013ではフルーツフルイングリッシュが「英語ライティング部門賞」を受賞しました。
同賞はe-Learning Awardsフォーラム実行委員会とフジサンケイビジネスアイが主催するもので、後援は政府の4省(経済産業省、文部 科学省、総務省、厚生労働省)。教育をテーマとしたものとしては非常に希少なアワードです。年に1度、e-Learningに関する革新的な技術、コンテンツ、導入事例が表彰されています。

導入最短1営業日!担当者様負担なし

受講者のお名前、メールアドレス、受講回数だけお伝えいただければあとはしていただくことはありません。御社は受講者リストを作ること、そして、お金を払うだけです!
担当者の方には営業担当が1人つきますので、責任をもって社員様の利用動向を継続的にご報告させていただき、状況・必要に応じて当社が社員様の学習に対する働きかけをさせていただきます。もちろん御社から指示いただくことも可能ですし、管理者様も学習者様の利用状況を個別のビジネスアカウントから常時確認いただけます。

フォローアップまで当社にお任せください!

会社の研修では、なかなか思うように社員様に使ってもらえないという悩みが多いのも事実。
フルーツフルイングリッシュは数々の働きかけによって、自分の内部から英語を勉強しなければ! と働きかけを与えます。こうして彼ら自身の目標として英語学習を定着化させるプログラム開発に成功しました。

選ばれてきた実績
これまでに多くの方に受講していただき、ご満足いただいております。

導入企業一覧
当社のサービスを社員研修および個人のスキルアップ支援として導入されている企業の一覧です(ABC 順)
  • ADEKA様
  • BBA OF OAKS様
  • Nippon Steel & Sumitomo Metal Corp. European Office様
  • NPO法人 介護サポートネットワークセンター アラジン様
  • SMBC 日興證券株式会社様
  • 株式会社カナモト様
  • 株式会社玄海キャピタルマネジメント様
  • 株式会社フリッジ様
  • 株式会社ワークスアプリケーションズ様
  • 株式会社ロイヤルグリーンランドジャパン様
  • ギャップ・ジャパン株式会社様
  • クリックテックジャパン株式会社様
  • 国立大学法人 長崎大学様
  • 住友製薬(蘇州)有限公司様
  • 武田製薬工業株式会社様
  • 都築電気株式会社様
  • トヨタ情報システム愛知 株式会社様
  • 西村あさひ法律事務所様
  • 日本カーボン株式会社様
  • 日本生命保険相互会社様
  • 日本ファンド株式会社様
  • 日立工機株式会社様
  • 三井不動産株式会社様
  • ワールドファミリー株式会社様

お客様の声

仕事で英語を本格的に使うようになったものの、仕事で使う英語が実際どのようなものかまったく分からなかったお客様のお話です。「ビジネスライティング英語講座」を受講して1年後に起こった成功の物語をご紹介します。

お客様の声 #01
成功体験・受講9ヶ月目

会社の会議で、30分ほど英語で発表しました。
ばりばりの日本語発音でしたが、先生のご指導のおかげで文章はきちんと作れていたようで、終了後には多くの人に「わかりやすかった」「いいプレゼンだった」と褒められました。ほとんど話したことの無い役員からも、後ろから肩を叩かれ「良かったよ!」と声をかけて頂きました。

成功体験・受講12ヶ月目

もちろん仕事自体もがんばってやってきましたが、去年から特に英語にも力を入れて来て、先日の「英語プレゼン」への評価が大きく、部長に昇進できそうです。
これまで私の担当製品に対する質問は必ず上司経由での問い合わせだったのですが、プレゼン以来、私に直接電話してくれるようになりました。「少しは認められたのかな…」と感じています。

最初は仕事で使うビジネス英語がどんなものかほとんどわからない状態でしたが、一年後には担当役員に信頼され、直接問い合わせが来るようになるほどの信頼を得ることができました。

単なる文法ではなく、先生の経験からくる現実的なアドバイスをもらえた点が良かったです。日々の仕事(メール、資料作成など)で本当に役立っています。過去のテキストも全部利用しています。本当に勉強になります。先生には、本当に本当にお世話になり、いくら感謝しても感謝しきれません。
次に、新規の講座が開設したら私が一番に申し込みますので、またビシビシとご指導を頂きたくよろしくお願い致します。本当に本当にありがとうございました!!

社員の英語力をアップさせるなら
フルーツフルイングリッシュの英文添削サービス

ご質問・お見積りなど
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

御社名

必須

部署

必須

担当者名

必須

電話番号

必須

メールアドレス

必須

問い合わせ内容

必須