【様々な翻訳】邦訳の制作プロセス:「リーディング」

翻訳者育成講座の講師Misa先生の記事。リーディングスタッフとは?

みなさん こんにちは!
英日翻訳講師のMisaです。
英日翻訳に関心のある方、すでに学習中の方は、「洋書の邦訳の制作プロセス」にご興味のある方が多いのではと思います。
そこで数回にわたって、このプロセスをご紹介します。今回はこのプロセスの「前半」についてお話ししましょう。

海外で爆発的に売れた大ベストセラーであれば、その邦訳の制作は当然の流れといっても過言ではなく、日本の出版社は積極的に版権(著作物を出版する権利)を獲得し、適切な翻訳者を選定してすみやかに制作に入るのが一般的です。

では、そこまでの大ベストセラーではない書籍、つまりそこそこ売れた書籍や、学術的・文化的な面で魅力のある書籍などは、どういったプロセスを踏むかと言いますと――

 

まず、「邦訳を出す価値があるかを検討」

出版社はまず、「邦訳を出す価値があるかを検討」し、そして価値があると判断した場合は制作に入るのが一般的です。
したがってこの、「邦訳を出す価値があるかを検討」するステップが、邦訳の制作プロセスの前半において、非常に重要になってきます。
そこで次に、このステップについてご説明しましょう。

 

「リーディング」

たとえば、『ABC』というアメリカの小説で、アメリカやイギリスでそこそこ売れた作品があるとします。
そしてある日本の出版社が、この小説の版権の獲得を検討していると仮定しましょう。
まず出版社は、この『ABC』という小説の「リーディング」を、リーディングスタッフもしくは出版翻訳家に依頼します。
「リーディング」とは、「海外書籍の「シノプシス」を作成し、日本の読者に受け入れられるかどうかを検討して報告する作業」を言います。
そして「シノプシス」とは、「海外書籍のあらすじ、評価、所感、日本の読者に受け入れられそうかなどをまとめた文書」です。

 

「リーディングスタッフ」という仕事

この「リーディング」を専門におこなうのがリーディングスタッフで、出版社の多くは常に一定数のリーディングスタッフを確保しています。
リーディングスタッフを確保していない場合は、翻訳エージェントに「リーディング」を依頼するのが一般的です。
ですから翻訳エージェントも、常に一定数のリーディングスタッフを確保しています。

こうして、リーディングスタッフもしくは出版翻訳家が『ABC』の「リーディング」をおこない、作成したシノプシスを出版社に提出します。
出版社はそのシノプシスを参考にして、邦訳を出す価値があるかどうかを検討します。
そして、価値があると判断して出版が決定した場合は、適切な翻訳者を選定して、邦訳の制作に入ります。
もし出版翻訳家が『ABC』の「リーディング」を担当していたなら、その出版翻訳家が『ABC』の翻訳も担当するのが一般的です。

と、このような流れが、「邦訳の制作プロセスの前半」になります。

 

「リーディングスタッフ」は翻訳業界に不可欠な職業

ここまでお読みいただいておわかりのように、邦訳の出版において、「リーディング」という作業は非常に重要であり、大きな責任を伴うものです。
しかも、これを専門におこなう「リーディングスタッフ」という仕事もあり、この「リーディングスタッフ」は出版翻訳家と同様に、翻訳業界になくてはならない職業です。
さらには、リーディングスタッフとしてキャリアを積み、書籍の翻訳をおこなうだけの英文読解力・翻訳力・日本語表現力が備わっていると評価された場合は、リーディングスタッフが翻訳を担当することもあるんです。

また、キャリアやスキルの面から見ても、この「リーディング」は出版翻訳家にとって不可欠なスキルの1つです。
上述したように、出版社から直接、「リーディング」を依頼される場合もあれば、自分が翻訳を担当したい原書のシノプシスを作成して出版社に提出し、出版が決定した場合は翻訳を担当する、というケースも多いからです。

 

「リーディング」が学べる講座がスタート!

したがって、通学や通信の翻訳講座には、「リーディング」をカリキュラムの1つとしている場合が多く、また、「リーディング」専門の講座もあります。
そしてこのたび、フルーツフルイングリッシュでも、「リーディング」が学べる講座を開講することになりました!
「リーディングも英日翻訳も初心者!」という方にも、気軽にご参加いただけるような、カジュアルな講座内容です。
もちろん、中級・上級の方にはみっちり実力を伸ばしていただけるよう、教材などに工夫をしてあります。

★出版翻訳の仕事に就く方法と「リーディング」のスキルについては、こちら
https://www.fruitfulenglish.com/customers/translator/jobs/misa_2/

この講座はわたしMisaが企画し、教材を作成し、講師を務めます
将来、翻訳業界でお仕事をスタートさせたい方、すでにスタートしている方、ふるってご参加くださいね!

 


日英翻訳⇔英日翻訳。双方向の翻訳学習で「自然な英語」を!

Roberto先生の日英翻訳入門コース

Roberto先生の日英翻訳入門コース


日英翻訳の基礎は英語スキルの基本にもつながります。
このコースのテキストはシチュエーション(文体)別に構成されており、それぞれの文体に適した英文を選び取る力を育みます。
さらに英日に逆翻訳することで、言語の違いや特徴まで確認、より的確な翻訳スキルを身に着けることができます。

英語表現のバリエーションがぐんぐん増えるので、ライティングスキルを伸ばしたい方にもおすすめです。

詳細はこちら: https://www.fruitfulenglish.com/customers/RJE.html

 

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
翻訳家のたまご

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (56 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県出身。大阪女学院短期大学英語科、Gwinnett Technical Institute Travel Management学科卒業。電機会社勤務、英語塾経営・運営を経て、翻訳業に従事。現在、児童英語講師と翻訳通信講座添削トレーナーも務める。 翻訳実績(和訳):ノンフィクション(人文系)、コミック(英文学対訳シリーズ)、雑誌(クラフト系)、映画関連資料(公式サイト、劇場用パンフレット、予告編、特典映像、プレスリリースなど) 『趣味は洋画と洋楽(〝あの〟映画を観てからQueenに夢中!)鑑賞、阪神タイガースの応援(田淵・掛布時代からのファン! わっ、古ぃ~)。日課は20分程度のウォーキングとストレッチで、運動不足解消のため両手両足を大きく振って歩くので、すれちがう人から「お! がんばっとるな!」と声をかけてもらっています(笑)。そして夜はお酒のアテづくりと「家呑み」。毎晩8時以降は居酒屋の女将に変身します!』