英語習得の近道は国際恋愛にあり!?

英語習得の近道は国際恋愛にあり!?

みなさん、こんにちは。イタリア在住のロベルトです。

「言語習得の近道」と言えば、「留学」と並んで「外国人のパートナーを持つこと」を思い浮かべる人が多いと思います。

好きな人と一緒に過ごして英語力を伸ばす。勉強と幸せが一体になった一石二鳥の勉強法と言えるでしょう。確かに国際恋愛は強い!

 

国際恋愛は最強の言語習得法!?

国際恋愛をしたことで「急激に」英語力が伸びたという人は多いと思います。パートナーと長くいればいるほど、言語取得のスピードが速くなります。

しかも、勉強についてくる「大変さ」「苦労」「疲れ」なしで楽しく学べます。「知ってほしい」「理解したい」ことがたくさんある恋愛中なら言いたいことは尽きません。言語はコミュニケーションのためのツールですから、非常に実践的な学び方です。

でも「どこまで英語力が伸びるか」と言われると...

 

「恋愛の目的は勉強じゃない」という落とし穴

国際カップルによく見られる現象に、「言語力が急激に伸びるものの、ある程度でぴったり止まってしまう」というものがあります。

その「ある程度」がどこかというと、「お互いが十分に理解しあえたところ」です。右肩上がりだったグラフが平行に。しかも、取得した言語が文法的に正しいとは限りません。

当然ですね。恋人は先生ではないし、恋愛の目的は勉強ではありませんから。

付き合い始めに、相手の英語をいちいち訂正していたら話が進みませんし、話すたびに訂正していたら/されたら恋も上手くいかないかも。

例えば、あなたは英語ネイティブの恋人にメールを送ります。

Today I’m gonna finish the lesson at 16 so let’s go to movie after that. I wanna see the romantic comedy. Is it OK for you? Ah, Emma told me you should try Italian restaurant near the movie theater. We try it tonight?

ワクワクしながらおしゃれして待ち合わせの場所につくと、恋人が

「どの映画を見るのかまだ決まっていないんだから、冠詞はtheじゃなくてaね。二人でどの映画を見るかもう決めていたならtheでOKだったけど。あとなんでもsee使っちゃう癖は直さないと。それより最初の文が違和感があるよね。だって…」

などと、細かに説明し始めたら、ちょっとうんざりですよね?

 

二人だけの言語の誕生!

さらに、二人の関係が安定して、お互いが理解して問題なく生活できたら、もう直したりしないでしょう。間違った文法も、変わった発音も、微妙な言葉づかいも通じ合えばOK。

二人にだけ通じる言語の誕生です!少しロマンチックですが、言語習得の観点からするとこれは最悪です。

 

ということで、結論を言うと、言語の学習に近道なし(笑)。

国際恋愛中でもそうでなくても、地道にコツコツやるのが最短ルートです。

 

さぁ、今日も英語の勉強頑張りましょう!

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

【10/18(月)まで限定!】大人気教材をプレゼント!

送料550円のみで、通常3,850円のこの1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

英文添削サービスで指導実績日本No.1のフルーツフルイングリッシュがお届けする、日本人が最も間違えている英文法ワーストNo.1文法テーマをこれ1冊で克服!

英語を使うならぜーーったい!避けて通れないこの1冊をまずは学んでください。
出会いに感謝してタダでプレゼント!(ただし送料だけご負担ください)

今すぐプレゼントをもらう!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (7 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

イタリア在住。3言語の通訳・翻訳家。最近は特に、十数年住んだ日本が懐かしくてたまりません。