フランス流の挨拶「ビズー」の文化を紹介!

フランス流の挨拶「ビズー」の文化を紹介!

こんにちは!Rinaです。

今日はフランス人の挨拶について紹介したいと思います!

フランス流の挨拶「ビズー」、とは?

日本人の挨拶はどんなに親しい間柄でもたいていは声を掛け合ったり、会釈をしたりといった程度ですが、フランスではそれはあり得ません。
ほとんどの場合、「Bisou(ビズー)」をします。
具体的には、お互いのほっぺとほっぺを合わせて「チュッ」と音を立てるか、実際に相手のほっぺにチュッとします。
特に高齢者ではしっかり「ブチュッ」とする人が多いです。
女同士、異性同士、男性同士、どんな人ともしますし、2歳くらいの子供だってします。
パリやリヨンでは左右1回ずつですが、地方によっては3回、4回というところもあるようです。
フランスに限らず、いくつかのヨーロッパの国々でも、このキスの挨拶の習慣があるようです。
このビスーは親しさのあらわれでもあって、家族や友人だけでなく、近所の人、知人、仕事相手の人にもすることがあります。
(仕事ではじめて会った人で、特に男性同士の場合は、ビズーのかわりに握手をすることが多いです。)

1日に100回以上ビズーすることもある!

フランス在住4年目の私はさすがになれましたが、それでも正直、この習慣を面倒くさく思うことが多いです。
一度にするのが1人や2人ならいいのですが、例えばホームパーティーなどで家族や友人が集まるときや、結婚式で数十人が集まるというときです。
もちろん集まった全員に「こんにちは」と「さようなら」のビズーをします。
すでに着席していて、誰かが後から到着したときは、全員が立ち上がり1人1人とビズーを交わしていきます。
テーブルの向こう側に座っている人の方にもわざわざ回ってビズーをしにいきます。
ビズーをしないと失礼に思われることもあるので、先に去るときなんかは全員にしたかよく確認しないといけません。
挨拶だけでなく、プレゼントをもらって「ありがとう」というときや、年がかわって「あけましておめでとう!」というときにもするので、多いときには1日にのべ100回以上ビズーをするときだってあります。
そんな1日のおわりには、ほっぺのファンデーションもチークも全部落ちてしまっていて、代わりにだれかの口紅がついていたりします・・・。

 

素敵だなと思えるフランスのビズー文化

この文化がない私から見ると面倒くさく厄介な習慣なのですが、それでも基本的にはとても素敵な習慣だなと思います。

初対面の人でも、ビズーをすると親しい関係である気持ちに思えてほっこりすることもあります。
ものすごいヒゲのおじさんに針刺し攻撃をされることや、
お互い同じほうを向いて口と口がくっついてしまうアクシデントもあったりしますが(経験あり)、
逆に超絶カッコいい男性とビズーをして、さらにものすごくセクシーな香りの香水がクンクンできたりすると、正直幸せになります。

新型コロナウイルスの感染拡大で政府からはこのビズーを自粛するように厳重注意されているので、本来ならビズーをする状況でも日本人のようなそっけない挨拶をするので、ものたりない気持ちです。
このフランスらしい文化が生活の中で見えなくなるのは、ちょっと悲しいなと思う今日この頃です。

 

ではまた来月!

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

2 件のコメント

  • Yamada様、
    コメントいただきどうもありがとうございます。
    フルーツフルイングリッシュのサービスは海外からもご利用可能です。
    詳しくはこちらのサイトをご覧ください。https://www.fruitfulenglish.com/
    どうぞよろしくお願いします。

    カスタマーサービスより。

  • コメントする

    コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    様々な国に滞在した経験があり、「伝わる英語」が何であるかをしっかりと理解しているRina先生。きめの細かい添削でありながら、モチベーションもしっかりと上げてくれる添削が大変人気で、生徒様から高い評価を受けている講師です。 座右の銘は"If you can imagine it, you can achieve it. If you can dream it, you can become it."