【映画で学ぶ英会話】 映画「プラダを着た悪魔」の英語フレーズ

映画「プラダを着た悪魔」から学ぶ英会話

みなさんこんにちは!

映画「プラダを着た悪魔」を観たことはありますか?

2006年に発表された映画でファッショナブルな世界観で女性人気の高い作品ですが、仕事場や友人との雑談、恋人との場面など私たちの私生活で重要なほとんどの場面を含むので英語学習にぴったりな映画だと思います。

なので今回は、この「プラダを着た悪魔」の台詞を題材にして英会話を学んでいきたいと思います。

 

映画「プラダを着た悪魔」あらすじ

ジャーナリスト志望のアンディは、世界的ファッション雑誌である「ランウェイ」のアシスタントの面接を受け、合格する。ファッションには興味も無いが、編集長であるミランダの元で働くとどこの雑誌でも通用すると言われているため嬉々として働き始めるも、業界でも有名な鬼編集長であるミランダは次々と無理難題をアンディに吹っかける。しかし、アンディは根性と機転を利かせて試練を乗り越え、連れてランウェイに見合うお洒落な服装に変わっていく。

 

映画「プラダを着た悪魔」にでてくる英語フレーズ

・All right, everyone! Gird your loins!

「よし、みんな!気を引きしめろ!」

gird one’s loinsで気を引き締めるという意味になります。

girdは古い英語では衣類で身体を締めるという意味がある単語です。女性がつける補正下着をガードルと言ったりしますが、この言葉はこのgirdという単語から来ています。そしてloinは腰部、臀部という意味があります。なのでこのgird your loins は直訳すると腰紐を締めろ、という感じでしょうか。戦闘前に衣類をしっかり整えると気が引き締まりますよね。

 

・Am I reaching for the stars here? Not really.

「できないことかしら、いいえ違うわ。」

reach for the stars は、不可能なことをする、高望みをする、壮大な夢をみるなどの意味があります。星を手に入れるがごとく高いところに目標を配置することを指しますが、この台詞のように不可能なことを形容する比喩として用いられることもあります。

 

・Man the desk all the time.

「デスクを死守します。」

Manは男性を指す固有名詞ですが、仕事のためにその場所を預かるという多動詞としての意味も持ち合わせています。しかし、堅苦しい言葉なのであまり日常会話には使用されません。この場面では前のアシスタントがちょっと席を外した際に電話に出られなかったことでクビになったことを聞いたアンディがデスクに常駐することがどれだけ重要かアンディが察したことで出てきた言葉です。

 

情報が漏れるって英語ではどう表現する?

・ And then it, uh, filtered down through the department stores and then trickled on down into some tragic Casual Corner where you, no doubt, fished it out of some clearance bin.

「そして、デパートに浸透し、さらにカジュアルコーナーにまで広がりおそらくあなたはその在庫処分セールでそれを手に入れた。」

Filter down は、液体がフィルターを通して通過する時や何かの情報が上層部からその下の下層部に徐々に知れ渡る時という状況を指す時に使用される表現です。

trickle down は、ポタポタと滴り落ちるて下に浸透するようなイメージですが、日常会話で使用されることはあまり無いフレーズです。ミランダのユーモアを交えた個性的な表現と言えるでしょう。

fish it outは、何か入れ物から特定の物を引っ張り出すという意味で使用されます。

ここでのclearance binは、在庫セール品が置いてあるところを指します。binと聞くとビールや飲み物をいれる瓶をイメージしますが、英語でのbinは主に廃棄物を入れる容器のことを指します。キッチンのゴミ箱はkitchin bin、リサイクル品を入れる場合はrecycling binと言います。

 

・ Okay. So I’m screwing it up.

「オーケー、私しくじったのね。」

Screwにはネジという意味の単語で使用されますが、スラングでよく使われる単語でもあります。

screw up で失敗する、screw aroundで適当に過ごす、適当にやるという意味になります。また、screw+人でその人を無視する、や場合によっては性交する、またはその人を罵倒する意味で使用されます。

 

いかがでしたでしょうか。

この映画には比較的簡単で短い会話文が多いので、覚えやすい物が多いと思いますので、実践に生かしやすいと思います。是非みてくださいね。

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (7 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

奈良県在住。英語学習が好きで、将来的に英語に携わる仕事がしたいと思いスキルを磨いております。TOEICは890点保有です。2年間看護師の仕事に携わったのち結婚を機に退職し主婦業に専念。1〜2年に一度は引っ越しをする転勤族の妻です。夫のすすめで嫌々英語の勉強を始めるも、英語を学ぶ楽しさに目覚め、楽しみながら勉強中。最近はスペイン語の勉強も始めました。休日は夫とカフェ巡りをしています。