【3分で英会話!】カナダのカフェで使える英会話フレーズ18選

【3分で英会話!】カナダのカフェで使える英会話フレーズ18選

みなさん、こんにちは!

カナダでは人気のTim Hortonsをご存じですか?Tim Hortonsは、カナダ発のもともとはドーナツショップから始まったチェーン展開しているコーヒーショップです(たぶんカナダではStarbucksのライバル会社です)。

コーヒーの価格が安く、ドーナツの種類も豊富、店舗も日本の都市部のコンビニのように多く、カナダ中でとても人気があります。

 

今回は、そんなTim Hortonsのようなカナダのカフェで使える英語フレーズを18選ご紹介します。

具体的には、次の3つの場面で使えるフレーズになります。

  • 注文前
  • 注文時
  • 注文後

それでは、詳しく見ていきましょう。

 

海外(カナダ)のカフェで使う英語フレーズ

まずは、カウンターの前で並んでいて、自分の番が回ってきたときに言われるフレーズです。

Who’s next?

Next in line please.

どちらのフレーズも、「お次の方どうぞ」という意味があります。

それでは早速、注文してみましょう。

Thank you for waiting. (お待たせしました)

 

もし対応してくれた店員が親切な方なら、Thank you for waitingと言ってもらえるかもしれません。

そのあとに、次のどちらかのフレーズが続きます。

 

What can I get you? (ご注文は?)

Are you ready to order? (お決まりですか?)

 

まず、食べ物を注文しましょう。

 

Can I get a 10 pack of timbits please?  (10個入りのtimbitsを1つください)

I would like to have a boston cream please.  (Boston creamを1つください)

 

Timbitsは、Tim Hortonsで販売されている一口大のドーナツです。

甘さ控えめのものからお砂糖たっぷりのものまで種類も豊富です。

バラ売りもされていますが、10個入り、20個入りや40個入りなどのパックで購入されることが多いです。

Boston Creamはアメリカ発祥のドーナツで、ドーナツの中にカスタードクリームがたっぷり入っていて、片面はチョコーレーのアイシングでコーティングされています。

Tim Hortons で販売されているドーナツの中でも、特に人気があります。

 

必ず聞かれる決まり文句の英語フレーズ

 

食べ物を注文すると、必ず聞かれるのが次のフレーズです。

Anything to drink?

Something to drink?

どちらのフレーズも、「お飲み物は?」といった意味があります。

Tim Hortons でコーヒーを注文するときには、次の3つが良く使われます。

 

Regular coffee please.  (クリーム1と砂糖1)

Double Double please.  (クリーム2と砂糖2)

Triple Triple please.  (クリーム3と砂糖3)

 

たとえば、Regularを注文するときに、one cream one sugar, pleaseというフレーズでも全く問題ありませんが、Regular, pleaseの方がTim Hortonsではよく使われているようです。

Double doubleやTriple tripleは、カナダのマクドナルドでもよく使われているフレーズです。

*ちなみに、こちらのコーヒ-の注文表現は、ヨーロッパのカフェでは通用しませんので気を付けてくださいね。(各国のコ-ヒ-文化についての記事はこちら)

 

注文後ー

Anything else? (以上でよろしいですか?)

注文の最後で使われるフレーズです。

特にほかに注文するものがなければ、次のフレーズで大丈夫です。

 

No, that’s everything. (これで全部です)

それでは、お会計です。

Your total is $$$.   (合計は$$$になります)

How would you like to pay?  (お支払い方法はどうしますか?)

On debit or credit card? (デビットですか?クレジットカードですか?)

カナダでは、現金で支払いも可能ですが、通常はデビットカードが使われます。デビットカードは、銀行のキャッシュカードに支払い機能も付いていて、デビットカードで支払うと即座に銀行口座から引き落としされます。

Please wait at the corner over there. (向こうのカウンターでお待ちください)

支払いを終えると注文した商品は、引き渡しカウンターで受け取ります。

 

 

いかがでしたか?

カナダでは、いたるところでTim Hortonsを見かけます。カナダを訪れた時には、ぜひ今回ご紹介したフレーズを参考にTim Hortonsに立ち寄ってみてくださいね。もちろん他のカフェでも応用できますよ。

 

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (8 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

カナダ在住のHannahです。 2012年にカナダに移住し、現在はまだまだ幼い双子の育児に奮闘中です。 最近は在宅で、英語学習系の記事の執筆や海外のニュースの翻訳などをしています。 忙しい中でも英語学習は続けており、学習歴は今年で20年を越してしまいました。 これから現地の情報や、英語学習に役立つ情報をお伝えしていきます。