キャンプに行ってきました。着いて1時間で事件発生!

キャンプに行ってきました。着いて1時間で事件発生!

キャンプで事件発生!?

 

みなさん、こんにちは。

フルーツフルイングリッシュのEriiです。

5月に友人とキャンプに行ってきました。

その時の悲劇のストーリーを聞いてください(笑)。

 

キャンプはよく行くのですが、

今回は新しいことを試そうという話になりました。

知っていることをやればいいのに・・・

新しいことに手を出してしまった私たちは危うく中毒?になるところでした。

 

そう、私たちがやろうとしたことは、

 

燻製です!!!

 

燻製で事件などありますか?

と思われるかもしれませんが、

 

ありました(笑)。

 

下調べを何もせずにスモーク用チップを購入し準備万端!と思った私です。

道具はスモーク用チップしか購入していないのに、

食材はしっかりとカマンベールチーズ、ゆで卵、アスパラガス、ベーコン、

さきイカと、大量に買い占めて行きました。

 

もちろん、友人たちは「燻製をやろう!」と言い出した私に

作り方の説明を求めてきました。

 

Erii: てきとうにダッチオーブンにスモーク用チップしいて、

焚火で加熱すればOKじゃない?

Just wing it.

 

文章を「てきとうに」ではじめる人間の言葉を信じてはいけません。

私もいい加減ですが、友人たちもいい加減なので、

案外すんなりと私の指示は受け入れられたのです。

 

友人: Yea, just put it in there and see what it does.

 

…and so we saw what it did.

待つこと30分。

Ta-dah・・・と言いたいところですが、

煙の「け」の字もない。スモークの「ス」の字もない。

ゆで卵は「日焼け止めを塗ってきたのか」というほど真っ白のまま(笑)。

ベーコンは冷たい。カマンベールは化石のよう。

スモークの香りゼロ。

 

そう、私たちはここの時点で思いました。

もう、このまま食べればいいんじゃない?

でも、私たちは諦めませんでしたよ。

 

議論の結果、

ダッチオーブンがいけない(私たちのやり方がいけないのではない)。

熱が足りないんだ、これはダッチオーブンが原因だ(私たちの知恵不足ではない)。

ということで意見が一致しました。

 

ということで、ダッチオーブンはやめて

使い捨てのアルミ鍋で試すことにしました。

しかも、熱が極力強くなるよう、網も何も使わずに

直接火の上にアルミ鍋をのせてみたのです(←はい、これ失敗)。

 

数分待つと、見事なスモークがモクモクと上がってきました!

 

私たちは思わず「うおおおおお!Look at that smoke!」と声を出して喜びました。

 

大成功だ。やはり何事も諦めてはいけない。

 

煙がこれだけ出ればもう「失敗」と言う言葉は

私たちの辞書にはありませんでした。

 

が、人生そう上手くはいきません。

さらに5分後、私たちに悲劇が起きます。

 

To be continued…

 

 

あなたは「英語らしく」英語を書けていますか?

「日本人っぽい英文」「意味は伝わる。」
こんなことを耳にしたことはありませんか?

英語らしい英語を書くことに必要なものってなんでしょう?
もっと単語を覚える?もっと文法を勉強する?

いいえ、最も大切なことは、英語を英語足らしめている文章の基本ルールなのです。

この1冊で、英文ライティングのたった1つのルールを身に付け、自分の考えを「英語の伝え方」に仕立て直すことができます。

今すぐ確認する

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分以上をアメリカで過ごし、アメリカの大学では言語学のアシスタントとして活躍されたり ネパールでも英語の講師をされていた経験があり、国際経験豊かな先生です。 人見知りしない性格で、誰とでも仲良くなる性格とホスピタリティーは英語指導にも表れています。生徒様から人気で、お客様満足度評価も高い先生です。