【悲劇編】キャンプに行ってきました。着いて1時間で事件発生!

【悲劇編】キャンプに行ってきました。着いて1時間で事件発生!

キャンプの燻製事件~遂に悲劇は起きた~

 

前回のブログ記事でキャンプで燻製を作ろうとした話を

書かせていただきましたが、今回はその続きです。前回の記事はこちらから

 

私と友人たちはダッチオーブンで燻製をすることに失敗し、

アルミ鍋に手法を切り替えました。

ダッチオーブンでは一切見られなかったスモークが

使い捨てアルミ鍋にしたところ見事にスモークがあがってきたのです!

 

これは大成功だ!やる気さえあれば、何でもできる!

 

偉大な富士山を眺めながらそう私たちは思っていました。

コーヒーを片手に穏やかな数分を過ごしていた時のことです。

 

よそ見をしている間に私たちのアルミ鍋から出火!!

キャンプファイヤーと一体化しているではありませんか!

ああ、ああ、ああ」と慌てながら火からアルミ鍋を持ち上げてみると

火はおさまりました。

 

なぁーんだ、大したことはない。

 

それどころか、さきほどまで火に包まれていた食材を見て

一人の友人が言いました。

 

友人: I think it needs a few more minutes.

 

え? You think….what?

 

友人: Yea, yea, just a couple more minutes would give it a nice smoky flavor.

 

Smoky flavorと言うか、

灰になるんじゃないかと思った私たちですが、

OK、OKとあと数分追加する判断をしました(←はい、これ失敗)。

 

見てください。

今から思えばこんなものは火事を消火したあとの事件現場です↓

 

でも、私たちはpositive thinkerの集団。

あの時は「美味しそう!」と思ったのです。

 

そして遂に私たちは見事な燻製色となった

食材たちを食べるときがきました。

 

全員が「こんなの不味いはずがない!」と言っていました。

「先にどうぞ」「いやいや、先にいいよ」とか言って

散々譲り合いまでしたあとのことです。

 

結局全員でまず1口目にアスパラガスの燻製を食べました。

 

 

全員:「。。。」

全員の頭の中:「This is f%#$U! disgusting.」

 

アスパラは燻製するとおいしいとネットに書いてあったのに、

超まずい!食べたことのない変な酸味がツーンと口の中に広がりました。

 

みんなで「アスパラは燻製すると酸っぱいんだね・・・」

「これが好きな人がいるなんて不思議だね。」

と話していました(笑)。

 

 

気を取り直して、全員が大好きな卵を食べてみました。

 

これは絶対に・・・・う、 ま・・・まずいんかい!!!

 

もう驚きです。卵は不味いはずがない(だって茹でただけでも美味しいですから怒)

と思っていたのに、これもまた眉間にしわが寄る不味さです。

 

とにかき何を食べても酸っぱい。

しかも美味しい酸味ではなく、歯が浮くような酸味がありました。

 

まぁ不味くても友人と自然の中でキャンプをしているんです。

ちょっとくらいの不味さは気になりません。

「ちょっと、長くやりすぎちゃったのかもね。あはは、まずい、まずい、まずいね~(笑)」

「次回こそ成功させよう!」とやる気まで出したりして、

笑いながらほとんどの食材を食べました(食べなければいいのに・・・)。

 

そして、食材を9割平らげたところで衝撃のviewが目に飛び込んできました!

 

アルミ鍋の底が4割燃えてなくなっていたのです・・・。

 

私たちがこれまで感じていた不愉快は酸味は

アルミ鍋が燃えて食材にうつった味だったのです(ゲホゲホ)!!

 

言われてみると、どこか気分が悪いような(笑)。

もう食べてしまったのですから、笑うしかありませんよね。

念のため「燃えたアルミ、体、毒」とネットで検索しましたが、

よく分からなかったので、話し合いの結果、

 

とりあえず誰か一人吐いたら病院に行くことを検討しよう

 

となりました(笑)。

ありがたいことに?誰一人嘔吐することなく

キャンプを無事に終えることができました。

 

 

結論、皆さんは新しいことに挑戦される際は

必要最低限の知識を持って臨んでくださいね(笑)。

 

 

【1/30(日)まで限定!】あなたはこんな間違えをしていませんか?

送料550円のみで、通常3,850円のこの1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

英文添削サービスで指導実績日本No.1のフルーツフルイングリッシュがお届けする、日本人が最も間違えている英文法ワーストNo.1文法テーマをこれ1冊で克服!

英語を使うならぜーーったい!避けて通れないこの1冊をまずは学んでください。
出会いに感謝してタダでプレゼント!(ただし送料だけご負担ください)

今すぐプレゼントをもらう!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分以上をアメリカで過ごし、アメリカの大学では言語学のアシスタントとして活躍されたり ネパールでも英語の講師をされていた経験があり、国際経験豊かな先生です。 人見知りしない性格で、誰とでも仲良くなる性格とホスピタリティーは英語指導にも表れています。生徒様から人気で、お客様満足度評価も高い先生です。