アメリカで夢の卵かけご飯!?

アメリカで夢の卵かけご飯!?

こんにちはアメリカ出身のモーガンです。

アメリカに長期帰国していると、ふと思う事があります。

「卵かけご飯食べたいな〜」

ヤバイですね、もう日本人思考になってます。

うちは小さい子供達がいて、まだ彼らは生卵を食べることを許可されていません。(妻によってです。)なので、私が卵かけご飯を食べるときは、キッチンでこっそり、子供達に見つからないようにささっと食べないといけません。多分、あれですね。

The forbidden fruit is the sweetest.

意味:『禁断の果実が一番甘い』

しかし、アメリカで生卵ご飯というのは、非常にハードルが高いです。日本の人は当たり前のように食べますが、海外の人には、生卵を食べるという発想自体がまずなく、それをお腹もこわさずにやってのける日本人の消化力に疑念と恐怖を感じているくらいです。

こんなに種類がある!?アメリカの卵

日本の卵って、スーパーでは常温で売られていますが、アメリカでは見たことがないですね。冷蔵庫の棚の結構なスペースを取っています。というのも、かなり種類があるからです。うちが行く日本のスーパーは大きさ等色々ありますが、だいたい10個入りは5種類程度ではないでしょうか?アメリカでは、同じ個数でも20種類くらいはありそう。

色(BrownかWhite)、サイズ(Small, Medium,Large等)、黄身の嵩、色などで分けられたグレード(AA,A,B)、後は飼料(organicとかOmega-3 Enriched等)、それから飼育環境(cage-free, free-roaming等)がラベルに書かれていて、それらから消費者がお気に入りの卵を選ぶというわけです。

紙パックや発泡スチロール容器に入っていて、中身は開けないと見えません。割れてるかもしれないからか結構皆開けるみたいですね。日本みたいな透明のプラ容器は一般的ではありません。更には、牛乳紙パックみたいな容器に入った、卵液、白身だけ液等も売ってます。

ふぅ〜選べるって素晴らしいけど、卵を選ぶのも一苦労。

生卵は食べれない!?

でもそんなに頑張って選んでも卵かけご飯は出来ません。

なぜ?答えは容器に書いてあります。

SAFE HANDLING INSTRUCTIONS: To prevent illness from bacteria, keep eggs refrigerated, cook eggs until yolks are firm, and cook foods containing eggs thoroughly.

安全な取り扱い説明:細菌による感染を防ぐため卵は冷蔵保存し、卵黄が完全に固まるまで調理し、卵料理も完全に火が通るまで調理する事」

ガーン!

つまりアメリカの卵は生食用ではありません。だから賞味期限も1ヶ月位はあります。日本の卵は生食できる期間を賞味期限として書いてあると聞いたことがありますので、そもそもの基準が違います。

でも、ど〜うしてもアメリカで卵かけご飯を食べたい方は、こんな卵を選んでいるようです。

「Pasteurized Eggs」 パァスチャラァィズド と発音します。
要は、低温殺菌処理された卵という意味です。

日本の卵はみんな、Pasteurized されているということなんでしょうね。アメリカではわざわざ別ラベルを作るほどの違いということなのでしょう。でも、恐ろしいことに注意書きにある bacteria、サルモネラ菌は卵の薄い膜の中でも繁殖するそうです。なので、外側の殻だけ殺菌しても…ということなので、ラベルに従って安全に食べること、とされています。Pasteurized でも自己責任ってことですね。

ちなみに!

前述のパック入りの卵液ですが、これらはPasteurizedされている事がほとんどな商品です。日本で言う牛乳みたいに?

なので、これをドボドボっとご飯にかければ…!!!!

 

安全な卵かけご飯が….!!

 

 

いや、なんか違う。そういうことじゃない。

もう良いかな。日本に帰ってから食べよう。(笑)

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

【10/18(月)まで限定!】大人気教材をプレゼント!

送料550円のみで、通常3,850円のこの1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

英文添削サービスで指導実績日本No.1のフルーツフルイングリッシュがお届けする、日本人が最も間違えている英文法ワーストNo.1文法テーマをこれ1冊で克服!

英語を使うならぜーーったい!避けて通れないこの1冊をまずは学んでください。
出会いに感謝してタダでプレゼント!(ただし送料だけご負担ください)

今すぐプレゼントをもらう!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (19 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

2 件のコメント

  • 通りすがりで初めてMorganさんのブログを拝見しました。
    話題の選定も面白く、文才もあられて他の記事も読んでみたくなりました
    私は40代半ばなのですが、叔母たちがアメリカの方と結婚されています。
    従兄姉たちが小さい時にアメリカの叔父さんの仕事の都合で15年くらい日本にいました。
    従兄姉たちは高校生までは日本のインターナショナルスクールで学び、大学進学のタイミングでアメリカに帰りましたが、今日でも仲良くしております。
    アメリカでは文化・環境的に生卵を食べないのは知っていましたが、Morganさんの玉子かけごはん記事を拝見して、従兄姉の中でも好き嫌い、食べ方に違いがあったので、面白いなぁと思いました(笑)
    Morganさんは日本で圧倒的に1番親しまれている卵の白身も一緒に混ぜた玉子かけごはんがお好みの様ですね!
    楽しく拝見させて頂きました。有難うございました。

  • コメントありがとうございます。
    家族の影響でしょうか、卵の白身も一緒にまぜるのが普通だと思っていました。
    黄身だけ派もあるってことですね!
    アメリカでも目玉焼きの黄身をかなり生に近い状態で食べる人もいるので、これがいいなら卵かけご飯もいいじゃん!って思うことはありますけどね。笑

  • コメントする

    コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    Hello! アメリカ出身のMorganです。もうかれこれ日本に15年程住んでいます。 アメリカにも子どもたちを連れてよく里帰りするので、子どもを通して気がついたこと、日本とアメリカの違い、日本のここがいいな〜、アメリカのこういうところが懐かしいな〜ということを中心にブログに綴っていきます。