【海外ドラマで学ぶ英会話】『How I met your mother (Season 1)』 Episode3の英語フレーズ10!

英語学習にいいHow I met your mother (Season 1 )

海外ドラマで学ぶ英会話シリーズ、今日は『How I met your mother( Season 1) 』の第3話からの様々な英語フレーズをとりあげて紹介します。

私が海外に移住したばかりの頃に英会話を身につけた方法、それは海外ドラマからフレーズを覚えること!英語のスピーキング力を上げる近道です。

 

あらすじ
主人公TEDが、彼の妻に会うまでの歴史を子供たちに語るSeason 9まである長いお話。Season 1 のEpisode 1では、4人のメインキャラクターの紹介と、TEDとRobinの出会いを語った話になります。

第3話では、Barneyの突然の思い付きで、TedはPhillyへ行くことに。LilyとRobinは2人で女子会と金曜日の夜を満喫することにしたようです。しかし、平和なFriday Nightとはいかず、アクシデントが絶えない楽しい夜になってます。

 

『How I met your mother (Season 1 Ep3) 』から使える英語フレーズ10!

 

1.ends up ~ing

意味:結局~になる。

(on the phone)

Barney: MaClaen’s is this mch fun. What I’m offering is the chance to have…this much fun.

マックリーンは、このくらいの楽しさで、僕のプランはもしかしたら、もっと楽しくなるかもしれないんだよ。

Ted: See, you say that. You say it’s going to be this much fun, but most of the time it ends up being this much fun. This much fun is good.

いっつも、このくらい楽しくなるって言いながら、結局そうでもないぢゃん。なら、ほどほど楽しいくらいでいいよ。

 

2.be sick of ~

意味:~にうんざりしている。

Lily: You sure you’re okay giving up your Friday night to hang with an old, almost married lady?

金曜日の大事な夜を、あたしみたいな結婚直前の年増と過ごしていいの?

Robin: Oh please. I’m so sick of the meat market scene. Guys are like the subway. You miss one, another one comes along in five minutes.

当たり前じゃん。もう、市場に並ぶのはこりごり。男なんて、地下鉄みたいなもので、1つ取り逃しても、5分後に来るだけだから。

*Sickは「病気」の意味以外でも使われます。

 

3.I wish I could

意味:~出来たらどんなに良いだろう…

Barney: Marshall, stop whatever you’re doing, get in that hoopty-ass Fiero of yours and come meet us in Philly. It’s going to be legendary.

マーシャル、今やってることはすぐやめて、車に乗って、Phillyで会おう!楽しくなるよ!

Marshall: Man, I wish I could, guys…

行けたらいんだけど…

*結果的に、「出来ない」って意味です。

 

4.hit on

意味:ナンパする。

Lily: Well, it sounds like you’re having a lot of fun than I am. I’m just talking to guys backs while they hit on Robin.

私よりも、楽しんでるみたいだね。私なんて、ロビンをナンパしてる男たちの背中と話してるだけだよ。

Marshall: Yeah, I bet she gets that a lot.

まぁ、彼女にはたくさん寄ってくるだろうね。

 

5.It’s ridiculous.

意味:ばかばかしい。

Robin: It’s ridiculous in here. Why don’t we go somewhere else?

ここにいるのバカバカしい…(ゆっくり会話もできない)どこか違う所いく?

Lily: No, this place is great.

ここで、大丈夫だよ。

 

6.I’m calm

意味:落ち着いている。

Police: Sir, I’m gonna have to ask you to remain calm.

落ち着いてくれますか?

Ted: Okay. Yeah, I’m calm. I’m totally calm.

もちろん。落ち着いてます。本当に。

*Remain Calm = keep calm = stay calm = calm down.と色々な言い方が出来ます。

 

7.You’re free to go

意味:自由の身だよ。

Barney: Relax, Ted. We didn’t do anything wrong.

テッド、落ち着いて。何も悪いことなんてしてないから。

Police: You’re free to go.

あなた方は自由の身です。

 

8.no matter how / what S+V

意味:どんなに~だろうとも。

Marshall: baby, please, don’t ever take that ring off again, no matter how awesome I say that it is.

僕がどんなに、いいよって言っても今後は絶対に指輪を外したりしないで…

Man: It’s okay, man…

 

9.be my guest

意味:ご自由にどうぞ。遠慮なく。

Marshall: I’m not that afraid to fight you. You want to test this guy, be my guest, come on.

喧嘩なんて怖くないから。遠慮なくかかってこいよ!

Lily: Marshall, he is gay.

マーシャル…彼はゲイだから心配しないで。

Marshall: Oh, thank God. I’ve never been in a fight before.

良かった…喧嘩なんて一度もしたことないんだ

*おもてなしの際に「ご自由にどうぞ」と言う意味で使われることの方が多いです。

 

10.missing out on (noun)

意味:~のチャンスを失う。

Barney: Ted, you’re missing out on a valuable life lesson here.

君は、価値のある人生のレッスンを逃そうとしているんだよ。

Ted: Look, I don’t need you to teach me how to live, okay? I know how to live.

君に生き方を教えてもらう必要はないよ。自分でちゃんと分かってるから。

 

How I met your mother の3話目は楽しめましたか?

海外ドラマは、日常をテーマにしたものなので、使われているフレーズも実際の生活で使える英語フレーズです。私も実際に『How I met your mother』から学んだフレーズを毎日、使っています。

このドラマが好きな方は、次回のEpisode 4もお楽しみに!

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (2 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

高校生の修学旅行でLAに行った際に、海外の人々に魅了され英語を勉強することを決意。大学で中学、高校の英語の教員免許を取得しつつも、自分の英語力に自信が持てずにカナダへの留学。ワーホリからの運良くワークビザを取得し、カナダ在住4年の今、日本食レストランのService Managerとして活躍中。TOEIC 450点から現在はIELTS6レベルのスコア、ネイティブと会話を楽しめるまで成長し、今後は、日本の良さを実感しつつも、カナダの海外暮らしに魅了され、永住を申請中。