【3分で学ぶ日常英会話】調子悪い?体調不良や怪我のときに使える英語フレーズ

体調不良や怪我のときに使える英語フレーズ

皆さん、こんにちは!

健康に気をつけていても留学先などで環境が変わり、体調を崩してしまうことも考えられますよね。万が一海外で体調不良になったり怪我をしてしまっても、焦らずきちんと自分の症状を伝えられるようにしておきましょう!

 

病気をしたときの英語表現

  • have a cold 風邪を引いている

It’s freezing today… achoo! I’ve caught a cold! (今日超寒い…ハクション!風邪ひいた!)

  • have a fever 熱がある

I’ve had a slight fever since last night. (昨夜から微熱があります。)

  • My head hurts. 頭が痛い。

My stomach hurts. (お腹が痛い。) My left leg hurts. (左足が痛い。) など、体の部位を変えて色々な表現ができます。

もしくは、have a headache 頭痛がする、とも言えます。この〜acheも他の部位と合わせて、toothache(歯痛), stomachache(腹痛)などと使えます。

  • have diarrhea お腹を下す

I have vomiting and diarrhea. (嘔吐下痢の症状があります。)

 

怪我をしたときの英語表現

  • get injured 怪我をする

Where did you get injured? (どこを怪我したの?)

  • sprain/twist ~ 〜を捻挫する

I fell down the stairs and sprained my ankle. (階段から落ちて足首を捻挫した。)

  • burn 火傷する

Ouch! I burned my finger. (いたっ!指火傷しちゃった。)

  • hit~ 〜をぶつける

I hit my head on the wall. (壁で頭を打った。)

 

薬の種類を表す英語表現

  • painkiller 痛み止め

I have a splitting headache… – Are you okay? I have a painkiller. (頭痛くて頭割れそう…― 大丈夫?私痛み止め持ってるよ。)

  • stomach medicine 胃腸薬

Can you please prescribe me some stomach medicine? (胃腸薬を処方してもらえますか?)

  • cough medicine 咳止め

Do you have any cough medicine? (咳止めはありますか?)

  • medicine for~ 〜薬

medicine for vomiting (吐き気止め)、medicine for sore throat (咽頭痛の薬)など、薬の名前や種類が分からない場合など、medicine for (症状) という言い方ができます。

  • a flu shot インフルエンザの予防接種

I’m gonna get a flu shot. (インフルエンザの予防接種を受けます。)

 

病気、怪我、薬に関するフレーズを使った英会話例

病院で

-How can I help you?

(どうされましたか?)

– I’ve had a fever of 37 and a headache since yesterday.

(昨日から37度の熱と、頭痛があります。)

-What is your pain like?

(どんな痛みですか?)

-It’s throbbing. I need a painkiller.

(ズキズキします。頭痛薬を下さい。)

-Is there anything else?

(他に何かありますか?)

-I also have an upset stomach.

(胃もムカムカします。)

 

友人と

-Hey, I heard you’ve been hospitalized. What happened to you?

(ねえ、入院してたって聞いたけど。どうしたの?)

– Yeah, I fell down the stairs and broke my ankle. It felt like just got sprained so I was surprised that I found it fractured.

(そうなの、階段から落ちて足首骨折しちゃった。捻挫かと思ってたら折れててびっくりしたよ。)

-Oh I feel sorry for you. How long will it take to recover?

(そりゃ大変だったね、かわいそうに。どれくらいで治るの?)

-Doctor said that it would take 4 months to heal completely.

(先生が言うには全治4ヶ月だって。)

-Hope you get well soon. Let me know if you need any help.

(早く良くなると良いね。力になれることがあったら言ってね。)

-That’s sweet of you, thanks!

(優しいね、ありがとう!)

 

病気、怪我の英語フレーズ、もちろん使う機会がない方が良いですが、もしものときは参考にしてみてください。

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (7 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

海外・外国語大好きライター。 高校生のとき初めて訪れたイギリスがきっかけで、海外の魅力にどっぷりハマる。 英語の他にも様々な言語を学び(ロシア語、フランス語、ポーランド語など)、外国語学習の面白さを知る。 国内で英語を習得し、独学でTOEICスコア870点取得。 二度の留学や海外一人旅、英語講師、商社の海外営業事務として勤務した経験から、英語学習に役立つコンテンツをお届けします。