【ドイツ留学体験記!】外国人になってみたかった。

【ドイツ留学体験記!】

みなさま、こんにちは、Kenです。

毎月、このブログを書いているときは、気持ちはドイツに行っています。

当時の日記を読み返しながら、出来事や、会った人のことを思い出すわけですが、それとともに、当時考えていたことも思い出します。「日記」といってもブログとして書いていて人に見せるのを前提に書いていたので、自分の気持ち的なことはあまり書いてないのですが、やはり行動などの情報を思い出すと、自然に気持ちの部分も思い出すものですね。ということにあらためて気づきました。

Ken先生のブログシリーズの前回「【ドイツ留学体験記!】いろんな違いに気がついた1月」を見逃した方はこちらからどうぞ!

 

ドイツで「言葉が通じない生活を体験してみたい」

僕がドイツに留学していたのは、場所がドイツであること以前に外国にいってみたい、ということが大きな理由でした。

主に言葉を学びに行ったのに変な話なのですが、「言葉が通じない生活を体験してみたい」という好奇心があったのでした。もちろんドイツ語は学習していたので、できるようになるのが目的なのですが、言葉についてマイノリティになってみたかったのです。これは日本ではできないことですからね。

 

もちろん、言葉的にマイノリティになることで困ることはたくさんありましたが、こんなわらっちゃったエピソードもありました。

 

 

2004年2月20日の日記。ドイツにやってきてから5ヶ月目くらい。

*********

語学学校の帰りに、クラスメートとバスに乗ってきたときのこと。

メンバー:

Kちゃん(日本人。日本語、フランス語ができる)、
Soちゃん(スペイン人。スペイン語、フランス語、英語ができる)、
Siちゃん(アルゼンチン人。スペイン語、フランス語ができる)、
僕(日本人。日本語、英語ができる)

 

おわかりのように、4人で共通の言語がみんなまだ初心者のドイツ語しかありません。

そのとき(日本式)カレーの作り方の話になったんです。

主に僕が、作り方を彼女たちに説明してたんだけど、なんせみんなドイツ語勉強中なもんで、英語で言ってみたり、Kちゃんにフランス語で説明してもらったりしてました。
ダブルSちゃんたちが、合間合間にスペイン語で「これってこうよね??」みたいに確認しあったり。

とにかくみんな必死に意思疎通をはかろうとしてたんです。もちろんドイツ語だけが共通言語なので、みんな使おうと努力はしてたけど。

そのうち、Siちゃんがドイツ語で、

「じゃあそのあと肉をTopf(鍋:トップフ)に入れるのね」

ってのをいいまちがえて

「じゃあそのあと肉をKopf(頭:コップフ)に入れるのね」

なんて言うもんで、けっこう大きな声で盛り上がってました。

そしたら、すぐ横にいたおっちゃんが、
「きみたちはいったいいくつの言葉でしゃべってるんだい??」
と興味深そうに、わらいながらたずねてきました。

どうやら「頭と鍋」がヒットした模様。

僕も、もしそのおっちゃんの立場だったらぜったい会話に加わってると思います。

4人で同じバス停で降りたんだけど、降り際に別のおばちゃんにも

「Guten Appettit!!」
(おあがりなさい、めしあがれ)

っていわれました。

*********

 

こういう、外国人じゃないとやらない言い間違いってありますよね。

ともかく、こうやって言葉が通じない、という環境を体験していたのでした。もちろん本当に生活上困ることのほうが多かったのですが、言葉ができないゆえの、このようなコミュニケーションも体験できたのでした。

 

(↓写真は、僕が住んでいた村のカーニバル)

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

【希望者限定・在庫わずか!】初めての出会いに感謝!

送料550円のみで、通常3,850円のこの1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

英文添削サービスで指導実績日本No.1のフルーツフルイングリッシュがお届けする、日本人が最も間違えている英文法ワーストNo.1文法テーマをこれ1冊で克服!

失笑されない英語力を身につけるために、まずはここから始めてください。
出会いに感謝してタダでプレゼント!(ただし送料だけご負担ください)

今すぐプレゼントをもらう!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (9 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際協力団体、翻訳・通訳会社での勤務を経て、現在はフリーランスで英語講師、翻訳、通訳に従事。予備校での講師経験や、大学や企業でのTOEIC講師担当経験も持つ。またドイツでの留学経験も活かし、ドイツ語も仕事にしています。