英語で副業は忙しい主婦にピッタリ!5つのお仕事をコソッと紹介

子育て中の主婦でもできる英語を活かしたお仕事

こんにちは、子育て中の主婦でありながら日々英語を学んでいるともともママです。
私と同じ立場の読者の方も多いかと思います。
さて、このようなことを思うことはありますか?
 
「児童英語教師やりたいけれど時間が合わない!」
 
「家事育児の合間でできる英語を使う副業ってないかな…」
 
こんなお悩みをお持ちの方にピッタリのお仕事を紹介します!
それはクラウドソーシングサービスを使って受注できるお仕事です。
 
どんなお仕事があるのか、どのくらいの英語スキルでできるのか、私自身全てのお仕事をやった経験があるので、その体験をふまえてわかりやすくご紹介したいと思います!
 

英語を活かせるクラウドソーシングは忙しい主婦にピッタリ!

実は私もかつては同じ悩みを持っていた英語学習者でした。
せっかく英検準1級、TOEIC最高835までとったけれど英語の実務経験がないこと、また二人の子供を持つ母でもあるのでフルタイムは無理であること、という制限の多い職探しに行き詰まりを感じていました。
 
そんな外でがっつり働けない、英語実務経験私無しの私が行きついたのがクラウドソーシングサービスを使ったお仕事でした。
 
クラウドソーシングサービスとは平たく言えばインターネットを使った在宅ワークを提供するサービスの事。PCやスマホがあってネット環境にいればどこででもお仕事をもらえて働けるシステムです。
 
私はこのサービスを使って2014年から英語関係やその他のお仕事を頂いて収入を得ています。
それでは具体的にどんな英語を生かせるお仕事があるのか5つほど紹介したいと思います!
 

初心者にオススメ①海外映画サイトのまとめ記事作成

クラウドソーシングサービスを使いたての初心者の方にオススメなのがこの「海外映画サイトのまとめ記事作成」のお仕事です。私もサービスに登録したての頃やっていました。
 
1文字単価が0.5~0.7円と低めですが、それ故にライター未経験の方でも採用されやすいです。私がやっていたのは日本で放映中の海外ドラマのキャストのゴシップネタを海外サイトからまとめて記事にするというもの。
 
フォーマットに沿って記事作成をし、それに加えて決められたキーワードを全て文中に入れるのが最初は大変でした。
しかし、テーマが好きな映画であったこと、英文を読む練習になるということで楽しみながら続けられました。
 

初心者にオススメ②海外オークションサイトのデータ入力

こちらはアメリカ版ヤフオクの「e-bay」というサイトに出品するクライアントさんの商品データや説明を英語で入力するというお仕事。
採用時に英語レベルは問われない場合がほとんどです。
 
最初は専用のシステムにデータを記入するのがマニュアル通り進まずに悪戦苦闘の連続でしたが、一旦コツがわかると作業スピードがアップして最終的に時給600~700円位までいきました!
 
私が受注したお仕事はグループチャットで商品の表記の仕方を話し合ったり英語で説明文を考えたりできたことがよかったです。

中級者にオススメ③英語学習に関連する記事作成

半年~1年間位ライター活動を続けて実績を積めると次第に単価が高いお仕事も受注できるようになります。
特に英語資格を持っている方は英語学習に関する記事作成がオススメ。
 
自分自身の英語学習の体験談がベースなので、調べる時間が少なくて済み、執筆のスピードも他の記事よりも早くなります。
もし英語表現の紹介記事などでしたらそのまま自分の勉強にもなります。
 
ただし、英語学習関係の記事作成は単価が高いものは競争率も激しく、最初の応募で落選になる確率が高いです。
ので、応募の際に自分の履歴や得意分野、そして記事作成の実績などをふんだんにアピールして採用される工夫をしましょう! 

中級者にオススメ④海外店舗への電話注文

高級バックやスニーカーなどの在庫を海外ブランド店に確認、注文するお仕事です。
こちらは特に英語資格が必要ないケースが多いですが、英語で電話注文しないといけないのである程度の英会話力が求められます。
 

しかし、会話内容はほぼいつも同じなので最初にテンプレートを作成すれば大丈夫です。
 
海外ショップのスタッフと仲良くなれば英語で雑談などもできるので、特にスピーキング力をつけたい方にはおススメです!

中級者にオススメ⑤外国人向けの観光まとめ記事

2014年にクラウドソーシングサービスに登録して初めて私が請け負ったお仕事です。
当時はまだ一般的にクラウドソーシングサービスが浸透していなくて求めらる英語の翻訳スキルも高くありませんでした。
なので、実務経験なしの私でも採用してもらい、英文で日本の観光スポットを紹介する記事を書きました。
 
 
記事150文字程度で100円。
これを50記事。
 
当時ものすごく大変で睡眠時間を削って書いたのを今でも覚えています。
2週間かけて納品して報酬はわずか5000円。
  
でもこのお仕事は本当にライティングのいい勉強になりました!
 
そこで、2017年から本格的にお仕事探しを開始した時、また同じ内容の英語で書く観光まとめ記事や翻訳のお仕事を探しましたが、3年前に比べ、求められるスキルがグンッと上がっていました。
 
 
それから2019年現在に至るまで、クラウドソーシングサービスの翻訳レベルは非常に高くなっていると感じます。
 
翻訳の経験がある方や英検1級、TOEIC900の方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (4 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA