オススメの海外ドラマ『となりのサインフェルド』で日常英会話を学ぼう!

オススメの海外ドラマ『となりのサインフェルド』で日常英会話を学ぼう!

教材やペンを使った英語学習に疲れたら、海外ドラマで楽しく英語学習しませんか?
今回はオススメ海外ドラマ『となりのサインフェルド』より、本当に使える日常英会話フレーズをご紹介します!

『となりのサインフェルド』はエミー賞も獲得した長寿コメディドラマ

『となりのサインフェルド』は、あまり聞いたことがない方が多いかもしれません。
しかしこのドラマはアメリカでは『フレンズ』と同時期に放送され、当時絶大な人気を誇ったドラマなんです!

誰もが普段見過ごしてしまうような、日常の些細なことを笑いに変えるコメディアン、『ジェリー』が主人公です。友達のジョージ、元彼女のエレイン、となりにすむクレイマーと一緒に、毎日楽しく暮らしている日常が描かれています。内容はクスッと笑えるストーリーなので、英語学習の気分転換にもぴったりです!
AmazonPrimeVideoでシーズン1〜9まで楽しめますので、よかったらチェックしてみてください。

『となりのサインフェルド』シーズン1〜9

シーズン1エピソード1『Good News Bad News』|日常英会話

それではさっそくシーズン1の最初のエピソード、『Good News Bad News』より、使える日常英会話、フレーズを紹介してきますね。

1『To be out, this is out…and out is one of the single most enjoyable experiences of life.』

出かけること、まさにこれが外出、、、そう、どこかに出かけるってすごく楽しい人生経験の1つだよね

外出って、確かに楽しいですけれど、わざわざ口にする人は少ないですよね。そのことをズバリ言い当てるジェリー。『This is out』の『This』は、みんなが外出している状況やシュチュエーションを表しています。『This』は、スマートフォンやタブレットなどの、物質的な物を表す以外に、『こういった状況』という意味を端的に表すこともできるんです。

例えばもし雨が降っていて、この状況はひどいなぁと思う時には、
『This is terrible!』と言えば『土砂降りの状況がひどい!』と伝えることができます。

その時両手をあげるなどのジェスチャーをつけると、よりがっかり感が伝わりますよ。

オススメの海外ドラマ『となりのサインフェルド』で日常英会話を学ぼう!

シュチュエーションを表す『This』は海外ドラマの会話によく出てきます。日常英会話でも活用できるので、ぜひ色々なシュチュエーションで使ってみてくださいね!

まとめ

今回は人気海外ドラマ『となりのサインフェルド』より使える日常英会話フレーズを紹介しました。今回紹介した『This』のように、英語には、簡単に使える便利な英会話フレーズがたくさんあります。英語学習を始めた語彙力が少ない方でも、便利なフレーズを使いこなすことで、英会話を始めることができます。ぜひスキマ時間に海外ドラマで使えそうなフレーズを探してみてくださいね!

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (15 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。