【3分で読める英会話学習】英語の言い換え力鍛えてますか?

3分で読める英会話英語の言い換え力鍛えてますか

こんにちは、
フルーツフルイングリッシュです。今日はフルーツフルイングリッシュの講師のErii先生から、アメリカの大学に入学して驚いたという出来事についてのお話をお届けします。

「ふくよか」って英語で何と表現しますか?

入学して3カ月も経たない時のことです。廊下ですれ違った友人2人と話をしていました。ざっくり言うと、3人の共通の知人が体型(肥満体型)で悩んでいて拒食気味になってしまっているということでした。もちろんその相談にも驚きましたが、もう一つ驚いたことがあります。驚いたこととは相談を持ちかけてくれた友人の言い換え力です。

あなたは「平均よりも体重が重い」ことをどう表現しますか?

例えば、「デブ」と言えますが、これはとても失礼な言葉ですよね。

誰に対してでも言うべきではないですね。その他にも・・・

・太っている
・肥満
・ぽっちゃり
・ふくよか

などが浮かんだのではないでしょうか?

では、私の友人が「肥満体型」を表現するのにつかった言葉が何かと言うと・・・これです。

gravitationally advanced
「重力的に優れている」

この表現が良いのかどうかはさておき、彼の表現力に度胆を抜かれたのを覚えています。

瞬時に「肥満」をgravitationally advancedと言い換える言語力を廊下のすれ違いトークで披露され、私は入学して3か月にして改めて「ああ、アメリカに戻ってきたんだな」と実感したのを覚えています。

 

英語の言い換え力は必ず必要になります

「必ず必要になります」と書きましたが、誰もがgravitationally advancedのような難しい表現を使うべきだということではないので安心してください!むしろ、その反対です。「言い換え力」とは簡単な言葉を難しくするだけでなく、その反対に、難しい表現を簡単にすることもできます。

『どう英訳していいか分からない!』
『こんな難しい日本語の訳、絶対出てこない!』

と思う難しい単語でも、簡単な言葉に言い換えてしまえば例え語彙力がそこまで高くなくても表現が可能なんです。それが残念なことに、この「言い換え力」に頼っている英語学習者の方は非常に少ない印象です。

英語の表現はひとつしかないは間違い

例えば、「言い換える」という言葉をさきほどから使っていますね。

「すみません、今言ったことを言い換えてもらえますか?」と英語でお願いしたいとしましょう。

「言い換える」を最も簡潔に英訳するとrephraseですよね!

I’m sorry, could you rephrase that?

rephraseを使ってこのように表すことができます。でも、突然のことでrephraseという言葉が浮かばなかったとしましょう。もしくは、rephraseという言葉自体知らないという状況だとしましょう。このような状況になった時、あなたは焦ってパニックになってしまっていませんか?

あとになって「なんで私はrephraseという単語も思いつかなかったのだろう!」と自分を責めていませんか?こういった時に頼ってほしいのが「言い換え力」です。

「言い換える」はシンプルに言うと、別の言葉で説明するということですよね。じゃあ、そう言っちゃいましょう!エイ!

I’m sorry, could you explain that in different words?

もう一度「言い換える」を考えてみましょう。

なぜ、言い換えをお願いしたいかを考えると、それは相手の言っていることが理解できなかったからですよね。では、それを伝えましょう!エイ!

I’m sorry, I’m not sure I understood what you meant.
I’m sorry, I don’t think I follow.

このように「言い換える」という表現自体使わずに「分からない」ことを伝えれば、大抵の人はより分かりやすく説明をしてくれます。

その他にも、

I’m sorry, could you say that again using simple words?
(簡単な言葉を使ってもう一度言う)

I’m sorry, could you use simple English?
(簡単な英語を使って)

Simply put, what would that mean?
(簡単に言うと、どういうこと)

など表現方法はエンドレスです!正解は一つではありません。

rephraseという単語が分からないことを理由に発言をためらい、結局相手の話が理解できなかった・・・。

そんな思いしなくていいんです。スマートな訳でなくても、自信を持ってどんどん発言してくださいね!「言い換え力」は英語上級者でも初心者でも役立てられるスキルです。

語彙力がそこまでの方であれば、難しい表現を簡単に言い換え、上級者の方であれば、言い換えを使ってクリエイティビティやスマートさを加えることができます。英語のレベルが上がるごとに、「言い換え」の面白さは変わってきます。会話・作文・翻訳・読解ありとあらゆる場面で活躍する「言い換え力」は磨く価値があるスキルです。

英語の表現力をつけるならフルーツフルイングリッシュの特別講座

フルーツフルイングリッシュでは英作文添削の他、様々な特別講座を開講しています。例えばこの秋に開講するのは、英語の言い換え力を磨くための「瞬間言いかえトレーニング講座」。他にもたくさんの楽しく学べるテーマがたくさん!あなたにぴったりの講座が必ず見つかります。まずは無料会員登録から。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (イイネ!は押されていません)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。