【おもしろ翻訳】キモになる翻訳1

こんにちは、アメリカ出身のモーガンです。

 

子供の本棚から面白い絵本を見つけてきました。”Walter the baker”Eric Carleの絵本です。

Eric Carleは、絵本の魔術師とも称され、日本でも人気の「はらぺこあおむし」を生み出した絵本作家ですね。

この”Walter the baker” の日本語タイトルは、「プレッツェルのはじまり」です。

 

誰もが悩むキモになる翻訳

この絵本の翻訳家は、なんとアメリカ人です。彼は数冊のEric Carle作品の和訳を手掛けています。日本語は、もちろん第二言語。すごいですよね!

アメリカ生まれのEricは、幼い頃にドイツへ引っ越し、ドイツで育ち、現地の美術学校を出ています。プレッツェルはドイツ発祥。Ericはドイツでプレッツェルに出会ったのでしょうか?

この本の中には、どう訳するかめちゃ悩んだろうな〜…と思うキモになる翻訳箇所があります。

 

試行錯誤の末、新しいパン(プレッツェル)を生み出したWalterはこう尋ねられます。

“Now, pray tell us, Walter. What do you call this?”

このキモの翻訳では、こう聞かれて”Uh,yes, pray us tell…”と言葉につまるWalterに、”What was that? Pra…pre…pretzel?” と偉い人がかぶせてきて、半ば強引に新しいパンの名前が決まるこのシーン。

pray tell us? は、pray tellという古英語と文字られています。pray tellで、「教えて下さい、説明して下さい」という意味で使われていたようです。現代語でいう、please tell…の感じですね。まぁ英語でも強引感はある展開です。

英語でもちょっと強引なのに、日本語ではどうなってるんでしょう?

 

次回へ続く:【おもしろ翻訳】キモになる翻訳2

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
翻訳家のたまご

【希望者限定・在庫わずか!】初めての出会いに感謝!

送料550円のみで、通常3,850円のこの1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

英文添削サービスで指導実績日本No.1のフルーツフルイングリッシュがお届けする、日本人が最も間違えている英文法ワーストNo.1文法テーマをこれ1冊で克服!

失笑されない英語力を身につけるために、まずはここから始めてください。
出会いに感謝してタダでプレゼント!(ただし送料だけご負担ください)

今すぐプレゼントをもらう!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (10 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Hello! アメリカ出身のMorganです。もうかれこれ日本に15年程住んでいます。 アメリカにも子どもたちを連れてよく里帰りするので、子どもを通して気がついたこと、日本とアメリカの違い、日本のここがいいな〜、アメリカのこういうところが懐かしいな〜ということを中心にブログに綴っていきます。