【翻訳家の暮らし】日本のお名前

翻訳者を目指す方のための本格的翻訳講座の講師mihoko先生のブログ。【翻訳家の暮らし】日本語の名前

こんにちは!ニューヨークシティよりMihokoがお届けです。
先日、英語の名前について書きましたが、今回は日本語の名前についてです。

日本語の名前って、アメリカではカッコいい!と褒めてもらえたりします。
なんといっても、漢字!
“What does it mean?”(それってどういう意味なの?)
と興味津々の質問を受けたりして会話が弾みます。

 

子供の命名で

うちの子供たちの名前は、アメリカ人にも日本人にも言いやすい名前で、しかも漢字で表せる名前にしました。
そんな名前を決めるときに、とっても悩んだのが画数!
子供たちが生活する上で漢字の名前を書くことってほぼないんですが、でも名前に漢字を当てるとしたら画数が気になってしまい、これがまた気になり出したら止まらないという曲者でした。(苦笑)
画数によって使える漢字が制限されてしまうので、画数は気にせずに好きな漢字にしよう!と諦めかけたりしましたが、あまりよくない画数だとわかってしまうと、たとえ好きな漢字でも使う勇気がなくなってきたりするという小心ぶり〜。
名前は子供が一生使うものだしなぁ、子供自身は選べないものだから責任重大だよなぁ…と考え込んでしまったんです。
夫は、画数なんてよくわからないし、どんな名前にするかは私に任せると言って呆れてしまうほど。(夫婦喧嘩の原因にもなりました!苦笑)

 

名前の画数を英語で説明

さて、この画数、英語の名前では気にしない概念なので(実はアルファベットにも画数に相当するものはあるみたいなんですが)、説明しないとアメリカ人にはわからないものです。
そして、英語で説明するとなると案外難しい!
うちの子供たちの漢字の名前が話題になると、必ず画数についての話にもなります。

“Ugh, it was so stressful! Mihoko insisted that stroke count was important.”
(もう、そりゃあ大変だったんだよ!画数が大事とかってMihokoが言っちゃってさ〜)

と、夫。すると、友人はこんな風に聞きます。

“What’s stroke count?”
(なに、画数って?)

“The number of strokes used to write kanji has significant meaning. It’s similar to the Cabala (Kabbalah, Qabalah), where numbers have different meanings. In Japan, we try to create names with kanji that have stroke counts associated with lucky numbers.”
(漢字を書くときに何回ストロークあるかによって、その数に重要な意味があるんだよ。ほら、カバラで数字にそれぞれ意味があるのと似たような感じ。日本では、漢字の名前のストロークがラッキーな数になるようにするんだよ)

“That sounds so complicated and stressful.”
(そりゃ、難しくて大変そうだね〜)

『特に日本の名前では、苗字と名前の画数もみたりして、苗字 と 名前それぞれの画数と、ふたつの総数とかも関係してくるから複雑なんだよ』 とかって、更に深い話になったりすることもあります。

名前の画数って、中国の五行説とか陰陽説に起源があると言われていますよね。
もう、五行説とか陰陽説とか、難しすぎて私もよくわかっていないので、この辺りの話になると相当曖昧な説明しかできないままごまかしてしまうんですが(汗)、漢字だけでも coolなのに、それぞれの漢字に数があって、その数にまた意味があるなんて、カッコよすぎ!と言っていただきます。
そして、日本の名前って奥が深く、選んでもらった文字一つ一つにメッセージが込められていて、素敵なものだなぁと誇りに思ったりします。

 

 


邦楽・洋楽のヒットソングで英語を学ぼう!


名曲を訳しながら解説♪翻訳家の言葉の選び方

名曲を訳しながら解説♪翻訳家の言葉の選び方


プロの翻訳家が実際に訳す過程をイチからお見せします!
文芸翻訳の中でも特に深い読解力と言葉選びのセンスが要求される楽曲翻訳について、一行ずつ丁寧に解説した飜訳集。
日本語・英語の曲、合わせて12曲が収録されています。一緒に翻訳をしていくことで、プロならではの技術が習得できます!

詳細はこちら: https://www.fruitfulenglish.com/customers/G15.html

 

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
翻訳家のたまご

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (93 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本の大学で英語、ロシア語、ラテン語を学びながらフラワーデザイン学校に通いフラワーデザインを習得。翻訳も通信で勉強するがもの足りずニューヨーク・シティに移住。市内の大学で英語を学び直し、フラワーデザイナーとなる。同時に、翻訳や通訳に従事し、日本語や英語の家庭教師を務める。 翻訳実績:主に音楽関係の記事やCDのライナーノート、ブログ記事、履歴書のプロフィール、ビジネスレターなど通訳実績:取材、現地学校における諸行事、プライベートレッスンの場など 息抜きには土いじり、ルービックキューブ、星や月を眺めながらの一杯。クラシックバレエ用ストレッチとヨガを自己流でアレンジした整体をしたり、一指禅、日記を書くことが日課。好きなスポーツはサッカー、バスケットボール、水泳。ジャンルを問わず日々の生活に音楽は欠かせない。