【ドイツ留学体験記!】パリに旅行。裏を見てみよう。

【ドイツ留学体験記!】パリに旅行。裏を見てみよう。

みなさん、こんにちは。Kenです。

今月もドイツのことをまた思い出してみます。

Ken先生の前回の記事、「【ドイツ留学体験記!】まだまだドイツ語に不自由・・・?」を見逃した方はこちらからどうぞ!

 

せっかくドイツに住んでいるのだから、近隣の国も旅したい!

というのはドイツに行く前からの夢でした。そして2004年7月にはパリを旅するチャンスがやってきました。ちょうど学校も学期と学期の間の休みだったし、寿司屋さんのアルバイトもやめたところでしたしね。

 

でもなるべく節約したかったので列車で行くことにしました。

お手頃だったのは新幹線のような超特急ではなく、急行列車です。なんと8時間の列車の旅でした。あの短い旅番組のようで・・・というとイメージはよいのですが、実際はけっこう退屈した記憶があります。

 

ザ、パリ観光!

さて、人生はじめてのパリなので凱旋門、エッフェル塔、シャンゼリゼ通りなど、ともかく「聞いたこと見たことあるとこ」をまずは徹底的にめぐりました。それはそれでワクワクしたり、実際はどんな風景の中にそれがあるのかを感じることができたりはするのですが、知ってることの確認だけではもったいないなあと思い始めました。

 

そんなことを思い始めたのがちょうどルーブル美術館にいくことを予定していたときだったので、ルーブル美術館での僕のテーマは

「できるだけネットや人のブログなどでは見られないところを見よう!」

でした。ということで階段の手すり、床の模様、作品と作品の距離や、立体の作品であれば、可能であれば裏からの姿を眺めたりしました。そう、裏側ってなかなか見ないですよね。

 

ルーブル美術館で「裏を見る」!

さすがにモナ・リザの裏を見るわけには行かないので「裏を見る」を決行できたのは『サモトラケのニケ』と『ミロのヴィーナス』でした。

 

『サモトラケのニケ』は、頭と手が失われてしまっている、翼のある人物像です。正面や斜め横からの画像は見たことがあったけど、真裏からの姿は見た事がありません。運良く、作品の周りをぐるりと回れるようになっていたので納得するまでぐるぐるとあるき回りました。

 

『ミロのヴィーナス』は、レプリカやミニチュアが存在するので、なんとなくは後ろ姿も見たことはある気がしたのですが、実際に見てみると、実際背中のこんなところも傷ついてしまっているのだね、などなど本物を見ることができた甲斐がありました。

 

・・・と、ここでそれぞれの後ろ姿の写真をここに載せて自慢したいところですが、写真はやめておきますね。

ここでお見せしちゃうと実物でしか確認できないことが減ってしまうかなあと・・・。

 

まだまだ旅行もしづらい状況ではありますが、もしこれから皆さんがパリに行ったときにはちょっと思い出してみてください。ニケとヴィーナスの後ろ姿、ネットでは(おそらくあまり)見られない姿です。

 

↓ルーブル美術館のガラスのピラミッドの中。美術館のエントランスになっています。螺旋階段の中を円筒形のエレベーターが上下します。円筒の上端に人が乗っていますが、この円筒そのものが上下するのです。

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

【10/18(月)まで限定!】大人気教材をプレゼント!

送料550円のみで、通常3,850円のこの1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

英文添削サービスで指導実績日本No.1のフルーツフルイングリッシュがお届けする、日本人が最も間違えている英文法ワーストNo.1文法テーマをこれ1冊で克服!

英語を使うならぜーーったい!避けて通れないこの1冊をまずは学んでください。
出会いに感謝してタダでプレゼント!(ただし送料だけご負担ください)

今すぐプレゼントをもらう!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (8 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際協力団体、翻訳・通訳会社での勤務を経て、現在はフリーランスで英語講師、翻訳、通訳に従事。予備校での講師経験や、大学や企業でのTOEIC講師担当経験も持つ。またドイツでの留学経験も活かし、ドイツ語も仕事にしています。