カナダ流夏の過ごし方3選

カナダの夏の過ごし方。英作文や英会話を学んでいつか海外へ。

はじめに

皆さん、こんにちは!
暑い日が続いていますが、皆さんはどのように過ごしていますか?
私の住んでいる街では、自宅に冷房設備がある家庭が少なく、もちろん私の家にも冷房器具がありません。

例年は、カナダの夏は比較的過ごしやすいのですが、今年は猛暑が続いています。
ブリティッシュコロンビア州にあるケロウナ(カナダのハワイと言われている街です)では、6月下旬に数日間40度以上を記録しました。
そこで今回の記事では、日本に引けを取らないぐらい暑い日が続いているカナダでの夏の過ごし方3選をご紹介します。

  • サイクリング
  • ハイキング
  • バーベキュー

それでは、詳しく見ていきましょう。

サイクリング

まず大前提として、カナダ(私の住んでいる山岳部)では夏が短く冬がとても長いです。
早い年は9月に初雪が見られ、翌年5月になってもまだ雪が降っています。
実際に雪が積もっている時期は、11月から4月ぐらいです。
そのため、雪解け後の6月になると突然自転車に乗り出します。
カナダでは1年を通して、週末は家族で過ごしている家庭が多く、週末になると大勢の人が家族で自転車に乗り出します。
そして、自転車を車の後ろにつけて、山に向かいます。

注意していただきたいのは、カナダでは、自転車に乗るときはヘルメットの着用が義務付けられていること、自転車は車道を走らなければいけないこと、そして、カナダには残念ながらママチャリはありません。
つまり、カナダで自転車と言えば「競技用」、スポーツタイプです。
カナダの観光地に行くと、気軽に自転車をレンタルすることができますが、スポーツ用になります。

ハイキング

ハイキングは、人気な家族での過ごし方の1つです。
カナダには、往復5キロ以内の初級レベルからロッククライミングなどの崖をのぼる上級レベルまで様々なハイキングコースがあります。
小さなお子様がいる家族連れの方には、小さな湖を周遊するコースや滝を見に行くコースが人気です。
また、遠出をしなくても住んでいる街の中にハイキングコースがいくつもあるので、夕食後に気軽に市内の川沿いをハイキングする方も少なくないです。

バーベキュー

日本で、バーべーキューに誘われたら、どんな準備が必要になりますか?
カナダでは、大げさではなく一家に一台バーベキューのコンロがあります。
一軒家に住んでいれば少し大型のものが庭にありますし、アパートやマンションなどに住んでいる場合は必ずベランダに小さなバーベキューコンロが置いてあります。
もちろん、バーベキューは夏限定ですが、1年中外に設置してあります。
そのため、夏(冬以外)にカナダ人宅に誘われたら9割がた、バーベキューだとおもって間違いないです。
そして、お肉を焼くのはたいていお父さんの仕事です。

まとめ

いかがでしたか。
今回は、カナダの夏の過ごし方として3つ(サイクリング、ハイキング、バーベキュー)ご紹介しました。
日本では自転車というと通勤、通学、買い物など毎日、1年中使えるものですよね。
カナダでは、夏が短く自転車に乗れる時期が限定されているため、自転車だけでなくバーベキューも本当につかの間の夏を楽しんでいるように感じます。
ぜひ、カナダに来られる際は、カナダ流の夏の過ごし方を体験してみてくださいね。

 

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (7 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

カナダ在住のHannahです。 2012年にカナダに移住し、現在はまだまだ幼い双子の育児に奮闘中です。 最近は在宅で、英語学習系の記事の執筆や海外のニュースの翻訳などをしています。 忙しい中でも英語学習は続けており、学習歴は今年で20年を越してしまいました。 これから現地の情報や、英語学習に役立つ情報をお伝えしていきます。