山頂で出会ったHigh Context Culture

山頂で出会ったHigh Context Culture

山頂で出会ったHigh Context Culture

 

こんにちは!

フルーツフルイングリッシュのEriiです。

以前、山頂で出会ったとても興味深いコミュニケーションに

ついて今日は書かせてください。

 

山登りをしているある日、

私の後ろを登ってきていたアメリカ人3人組の男性がいました。

 

私も彼らも同じタイミングで山頂に無事到着し、

山頂からなんとも美しい景色を眺めていました。

 

山頂には別のご夫婦がガイドさんと一緒に登頂されていました。

つまり、山頂に計3組いました。

 

他人である私たち3グループはお互い写真撮影を交換で行い、

まるで雑誌の撮影のような枚数の写真を撮り、

楽しい雰囲気で時間が過ぎていきました。

 

そこでアメリカ人グループの一人がとても流暢な日本語で

ご夫婦グループのガイドさんに「あの、すみません。ここはドローンを飛ばしてもいいですか?」と聞きました。

ガイドさんであるから知っていると思ったのだと思います。

 

ガイドさんは日本語でこのような返事をしました。

 

ガイドさん「本当はいけないのですが、他の方がいなければいいんじゃないですかね。

他の方がいると事故があったりと危ないですから。本当はダメなんですよ。

でも他の人がいなければね・・・僕も今のは聞かなかったことにします。」

 

ご夫婦の奥さんも笑顔で「お仕事でドローン撮影が必要ということもありますからね。」

というフォロー(黙認)をしていました。

 

ごく普通のリスポンスに聞こえますが、

海外の方からすると、とっても難しい

Japaneseなhigh context communicationです。

 

YesなのかNoなのか非常に判断が難しいです。

 

 

案の定、一人のアメリカ人の方は日本語が流暢な友人に

So, was that a yes or…?

と聞いていました。

彼の中では次の2点がミステリーだったのだと思います。

 

 

①そもそもドローンを飛ばしていいのか?

②「他の人がいなければ」・・・アメリカ人を除く私たち夫婦+ガイドさんグループは「他の人」に入るのか?

 

 

私は個人的にガイドさんの言葉を次のように理解しました。

①ドローンは飛ばしてOK。

②私たち(その場のメンバーのみであれば)ドローンを飛ばしはじめてもOK。

 

日本人同士ですと意識もしませんが、

客観的に聞いてみると

こりゃ~日本語は難しい言語だなぁ~!

と感じました。

 

ですが、日本語が流暢な友人は見事にガイドさんの

曖昧なニュアンスを理解し、

①ドローンを飛ばすのはOK。

②飛ばすタイミングは私たちを含めた周りの人に迷惑が

かからないよう全ての人がいなくなったタイミングで飛ばす。

という結論に至っていました。

 

曖昧な日本語に隠れたメッセージを汲み取りつつ、

周りにも配慮するコミュにケーション力の高さに感激しました。

彼等がはやくドローンを飛ばせるよう私たちは山頂を去りましたが、

次の日別の山でまた彼等に出会い・・・!ドローンのビデオを送ってもらいました(笑)。

 

今度東京で一緒に食事をすることになったので、

あの時のガイドさんの日本語をどう思ったのか

聞いてみたいと思います(笑)。

 

山頂で出会ったHigh Context Cultureでした!

 

See you in the next article.

 

 

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

【10/18(月)まで限定!】大人気教材をプレゼント!

送料550円のみで、通常3,850円のこの1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

英文添削サービスで指導実績日本No.1のフルーツフルイングリッシュがお届けする、日本人が最も間違えている英文法ワーストNo.1文法テーマをこれ1冊で克服!

英語を使うならぜーーったい!避けて通れないこの1冊をまずは学んでください。
出会いに感謝してタダでプレゼント!(ただし送料だけご負担ください)

今すぐプレゼントをもらう!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (7 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分以上をアメリカで過ごし、アメリカの大学では言語学のアシスタントとして活躍されたり ネパールでも英語の講師をされていた経験があり、国際経験豊かな先生です。 人見知りしない性格で、誰とでも仲良くなる性格とホスピタリティーは英語指導にも表れています。生徒様から人気で、お客様満足度評価も高い先生です。