温泉の入り方を英語で説明してみようチャレンジ!

温泉の入り方を英語で説明してみようチャレンジ!

海外の方が戸惑う温泉入浴

 

こんにちは、

フルーツフルイングリッシュのEriiです。

みなさんは「コレ」を目的として国内旅行に

出かけることが多いですよね。

 

「コレ」・・・というのは、そうです。

日本と言えば・・・温ー泉-!!!ですよね。

 

私は大の温泉好きです。

コロナ前は月2ぐらいの

ペースで温泉に行っていました。

 

ある温泉旅行中こんなことがありました。

海外から来た方が脱衣所で挙動不審に

お風呂を見たり、周りの人を見たりしていました。

 

アジア人でしたが、日本人でないことは外見で分かったので、

恐らく日本ではじめての温泉なのだろうな、と思い私から声をかけました。

 

そうすると彼女は、I have no clue what I’m supposed to do.と笑いながら言いました。

 

そんな複雑なことはないように思えますが、

海外の方からしたらそりゃ~複雑ですよね!

 

ということで・・・私が温泉の入浴方法を彼女に説明しました。

 

それではみなさんも下の文章を英語にしてみてくださいね!

答えは次回のブログ記事で紹介しますので、答えを保存しておいてください。

 

それでは、温泉説明チャレンジ、レッツゴー!

 

温泉の入り方を英語で説明してみよう!

 

次の日本語を英語に訳してください。

一語一句同じでなくてもOKです!

 

・日本の温泉は裸で入浴します。水着の着用もNGです。

_____________________________________________________________________________________

・体を洗うために小さなタオルを持っていくことができます。でもお湯にはつけないようにして下さい。タオルを頭の上にのせて入る人もいますし、頭に巻いて入ることもできます。

_____________________________________________________________________________________

・お湯に入る前にはシャワーを浴びます。髪の毛が長い場合はゴムで結ぶかタオルで巻きましょう。

_____________________________________________________________________________________

・なので、まとめると服、タオル、髪の毛をお湯インするのはNGです。この3つだけ覚えておけば大丈夫ですよ~。

_____________________________________________________________________________________

・脱いだ服はこのカゴに、貴重品はあちらのロッカーに。(ロッカー)の鍵をお風呂に持ち込むのを忘れないでくださいね。

____________________________________________________________________________________

・最初は恥ずかしい(人目が気になっちゃう)と思いますが、すぐに慣れますよ!

_____________________________________________________________________________________

 

いかがでしたか?

 

難しい文章はありませんでしたよね。

全てスラスラと書けましたか?

次回答えをアップしますので、

是非そちらも見てくださいね!

 

温泉で戸惑っている海外の方がいたら、

声をかけてあげましょう。

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分以上をアメリカで過ごし、アメリカの大学では言語学のアシスタントとして活躍されたり ネパールでも英語の講師をされていた経験があり、国際経験豊かな先生です。 人見知りしない性格で、誰とでも仲良くなる性格とホスピタリティーは英語指導にも表れています。生徒様から人気で、お客様満足度評価も高い先生です。