【現地発!カナダについて教えます!】カナダの “○○ Shirt Day” part 1

【現地発!カナダについて教えます!】カナダの "○○ Shirt Day" part 1

Hello from Canada!

Fruitful English講師のYukoです。

カナダには、社会的関心や理解を深めるため

「○○ Shirt Day」という日があります。

その日は、○○に入る色のものを身につけるんですよ。

もちろん義務ではありませんが、

たとえ普段は着ないような色のシャツでもそのために用意しておくことも大事です。

 

Pink Shirt Day

毎年二月には、 Pink Shirt Dayがあります。

Pink Shirt Dayには、

いじめ防止・反いじめ運動のための募金活動や啓もう活動が行われます。

 

始まりは二人の高校生の行動

2007年、カナダの東側ノバ・スコシア州で、

ピンクのシャツを着た7年生の男子がそれを理由にいじめられました。

それをみた12年生の二人の男子がとめにはいました。

そこで終わりません。

翌日、12年生のその二人は、ピンクのシャツを校内で配り、

みんなでピンクのシャツを着たのです。

 

いじめをその場でやめさせるだけでなく、

校内でピンクのシャツを配って、男女問わずみんなでピンクのシャツを着る。

「男の子がピンクのシャツを着て何が悪い」という強いメッセージです。

少年たちのアイデアと行動力に脱帽ですね!

 

いじめについて学ぶ日

学校では、どのような行為が「いじめ」になるのか、

いじめられたと感じた時にどう行動したらよいのか、

相談や助けを必要とする場合に利用できるサービスなど

具体的に教わります。

 

大人も子供もピンクのシャツを着ていると、

Pink Shirt Day=Anti-bullying Day

というのが視覚で認識でき、

いじめについて自ら考えることができるので、

学校で学ぶだけよりも効果がありそうです。

 

世界に広まる Pink Shirt Day

カナダで始まった Pink Shirt Day/Anti-bullying Dayは、

世界にも広まり、

ニュージーランドにも Pink Shirt Day があるそうです。

 

次回のブログでは、

カナダにとって大事なOrange Shirt Dayについてお話します。

 

あなたは「英語らしく」英語を書けていますか?

「日本人っぽい英文」「意味は伝わる。」
こんなことを耳にしたことはありませんか?

英語らしい英語を書くことに必要なものってなんでしょう?
もっと単語を覚える?もっと文法を勉強する?

いいえ、最も大切なことは、英語を英語足らしめている文章の基本ルールなのです。

この1冊で、英文ライティングのたった1つのルールを身に付け、自分の考えを「英語の伝え方」に仕立て直すことができます。

今すぐ確認する

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (8 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

カナダ政府や日本政府機関でも勤務経験があり、現在も日本で年に一度カナダ外交に関する講座を大学で担当しているというこれまでにない経歴を持つ講師。カジュアルからフォーマルな英語表現まで指導することができます。