イタリア語のススメ 1:主語はいりません

みなさん、こんにちは。イタリア在住のロベルトです。

最近何人かの生徒さんから「以前イタリア語を習っていた」という話を聞いて、英語に興味を持っている皆さんなら、言語全般にも少しは興味があるかなと思って、ブログでイタリア語シリーズを始めることにしました。

もし多くの人が興味を持ってくれたら...イタリア語講座を作れるかもしれないという下心もあります(笑)。私が日本語を好きになったように、日本の皆さんもイタリア語を好きになってくれたら嬉しいですね。

とにかく、「日本語と英語」に比べて、「イタリア語と英語」は似ている部分が多いので、英語を知っている人ならイタリア語を覚えるスピードはぐっと速くなります。

でも、別の言語ですから当然違う部分が色々あります。

イタリア語は主語不要!

英語を勉強していると、「英語では必ず主語が必要です」としつこく言われますよね。

しかし、主語を言わないことが多い日本語と同様に、イタリア語も主語を言いません!でも、日本語と違って、主語を言わなくても誰が主語なのかすぐに分かります。

どうしてか分かりますか?...秘密は「動詞の活用」にあります。

現在形なら、英語は3人称単数の時だけ動詞が変化しますが、イタリア語は「私」「あなた」「彼/彼女/それ」「私たち」「あなたたち」「彼ら/彼女ら/それら」の全部で動詞が変化します。

例えば、有名なイタリア語に「マンジャーレ」があります。聞いたことがある人もいると思いますが、mangiare=eat です。

この表のとおり、活用が全て変わるので、イタリア語では主語は省略可能!というよりも、主語を言う必要はありません。便利でしょ?

活用を覚える方が面倒???いえいえ、覚えるためのルールがありますから、それほど全然難しくないんですよ。

次回のブログでは、活用のルールを説明します。

イタリア語の良いところ①

イタリア語の発音は基本的にアルファベット通り!

イタリア語を知らない人でも、声に出して読むだけなら誰でも読めてしまいます。これは便利でしょ?!活用は多いけど、イタリア語にはこんな楽ちんさもありますよ。

 

あなたは「英語らしく」英語を書けていますか?

「日本人っぽい英文」「意味は伝わる。」
こんなことを耳にしたことはありませんか?

英語らしい英語を書くことに必要なものってなんでしょう?
もっと単語を覚える?もっと文法を勉強する?

いいえ、最も大切なことは、英語を英語足らしめている文章の基本ルールなのです。

この1冊で、英文ライティングのたった1つのルールを身に付け、自分の考えを「英語の伝え方」に仕立て直すことができます。

今すぐ確認する

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (8 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

イタリア在住。3言語の通訳・翻訳家。最近は特に、十数年住んだ日本が懐かしくてたまりません。