バイリンガルキッズのおかしな日本語:第2弾

バイリンガルキッズのおかしな日本語:第2弾

Hello from Canada!

Fruitful English講師のYukoです。

以前ブログに載せた「バイリンガルキッズのおかしな日本語」の第2弾です。

我が子だけでなく、まわりの日英バイリンガルキッズによくみられる

「ん?」という日本語を集めてみました。

バイリンガルキッズのおかしな日本語

あげる、くれる

前回の第1弾で、バイリンガルキッズだけでなく、

日本語学習者にもよくある間違いに

「とどける、とどく」があるとお話しましたが、

もう一つよくある間違いがあります。

 

「あげる、くれる」です。

 

お誕生日プレゼントにお友達からいただいた本がおもしろい、と言いたいとき、

「○○君が誕生日にあげた本はおもしろい」になってしまうんです。

確かに○○君があげたものですが、貰い手が話す場合は、

「○○君が誕生日にくれた本はおもしろい」

というのが自然な日本語ですよね。

 

短い、低い

突然ですが、

「彼は背が高い・低い」を英訳してみてください。

 

He is tall. He is short.

ですね。

では、

「この鉛筆は長い・短い」を英訳してみてください。

 

This pencil is long. This pencil is short.

になります。

なにかにお気づきですか?

低い>も<短い>もどちらも short なんです!

なので、

こんな間違いをよく聞きます。

「私の方が背が短い。」

日本語で長さと高さはちがう形容詞を使いますが、

英語では<短い>と<低い>は同じ形容詞 short

これは思いがけない落とし穴です。

 

日本語文の中に英語

海外在住なので、仕方がないことですが、

母語ではない日本語文の中に母語である英語が混じってしまいます。

ーそもそも日本語の言葉を知らない

ー英語の方が言いやすい

結果、

「Santaさんが乗ったsledを、reindeerがpull, pullするの」

となり、

「ほとんど英語じゃん!」と大爆笑です。

 

まわりの子供たちの日本語を聞いていても、

英語文に日本語が入ることはほぼなく、

「bookstore に行きたい。」というように

日本語文に英語が入ってしまうことが多いです。

 

日本で育ったバイリンガルキッズだと、

“I want to go to 本屋さん.”というように

英語文に日本語が入ってしまうことの方が多いのでしょうか?

逆の環境だとどんな「間違い」をするのか興味津々です。

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

【12/6(月)まで限定!】あなたはこんな間違えをしていませんか?

登場頻度が高いのに、日本人が最も間違える文法テーマがあります。
ネイティブなら、おしゃべりを始めた子どもから、老人に至るまで、学力の差に関わらずこの文法テーマを間違えて使うことはありません。

たった1つの文法テーマを、たった3つの簡単なルールで覚えるだけで、間違いなくあなたの英語の印象が良くなります!
自然な英語を目指しているなら、何よりもまずこれから学んでください。

送料550円のみで、通常3,850円の1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

その文法テーマとは?

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (8 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

カナダ政府や日本政府機関でも勤務経験があり、現在も日本で年に一度カナダ外交に関する講座を大学で担当しているというこれまでにない経歴を持つ講師。カジュアルからフォーマルな英語表現まで指導することができます。