【海外文化を知ろう!】あのケーキは、日本にしかなかった・・・?!

【海外文化を知ろう!】あのケーキは、日本にしかなかった・・・?!

こんにちは!
フランス在住講師のRinaです。

今日はみなさんも大好きなケーキのお話をしましょう!
「Rina先生はフランスに住んでいるから、おいしいケーキがいっぱい食べられていいなあ~」とよく言われるんですが・・・。

I don’t have a sweet tooth!
(have a sweet tooth =甘党)

全然食べないことはないですが、1個まるごとは食べません。
ケーキを作るのは大好きですが、食べるのは、少しです。
旦那や子供がおいしそうに食べている顔を見て、自分は人のお皿から1口食べて満足します。

日本と海外ではケーキの種類が違う!?

フランスのケーキは、日本のものより基本的に甘いので、特に日本のケーキに食べなれた私にとっては甘すぎるんです。
それに、シュガーコーティングされたもの、厚いマジパンの層に覆われたものも結構あります。
私は日本のほんのり甘くて、食感もふわふわ軽いケーキのほうがずっと好きです。

日本のケーキ屋さんにあるケーキは、欧米にも普通にあると想像しますよね。
でも、様々な国に旅行したり住んだりして分かりました。
意外と、そうでもないんです!

例えば私の好きなふわふわシフォンケーキやロールケーキは、
海外で見たことがありません。
シフォンケーキと言っても、フランス人に「??」という顔をされたし、
フランスにある一番近いものは、生クリームやフルーツではなく、ただジャムを塗って巻いたもの。

 

日本のショートケーキは海外にない!?

日本の王道はショートケーキですよね!
これも、どこにでもある材料で作れておいしいのに、海外にないんです。
名前は誰が聞いても英語なのに!
・・・でも、ショート?短い??どこが??

疑問に思ったと思います。

shortという単語を辞書で引いてみてください。
形容詞のshortはいくつかの意味がありますが、
ずっと下のほうに、
「〔菓子などが〕ショートニングが多い」
「さくさくする,ぼろぼろする」
などと書かれているはずです。

「ショートニング」はshorteningと書きますが、食感がサクサクになるために入れる油脂ですね。

英語でshort cakeっていうと、サクサクしたケーキ、菓子類全般を指すそうです。

イギリスのshort bread「ショートブレッド」は、その代表ですね。
油脂がたっぷり入っているので、一口食べるとホロホロ崩れます。

日本人にとってのショートケーキと、欧米人にとってのショートケーキはこのように違うので、注意しなければいけないですね!

 

フランスでイチゴの季節におすすめのケーキはコレ

ちなみに、フランスにはFraisierというケーキがあります。
フランスではいちごの季節になるとこのケーキを何度も食べます。
丸いスポンジケーキの間に、たくさんのいちごとバニラムースが挟まっていて、上は薄いいちごのゼリーの層があって、見た目もすごくきれいです!
フランスのケーキでは、これが一番好きです。
フランスに春の時期にくる予定があったら、ぜひ食べてみてください。

あとはシュークリームも日本で人気のケーキですね。
コンビニやスーパーでも定番ですが、フランスではほとんど見かけません。
Chouquetteというプチシューは、コーヒーと一緒によく食べますが、
なんと中味は空っぽでがっかりします。

細長いエクレア(Eclair)はとてもメジャーです!
カスタード、チョコ、カフェの3種類が定番で、上はチョコまたはアイシングがかかっています。

ちなみに、シュークリームは和製英語です。
英語ではcream puffと言います。
でも、それほど定番ではないようです。

 

本場フランスのミルフィーユとは?

最後に、ミルフィーユ。
フランス語で Mille-feuille  = thousands of leaves「千枚の葉っぱ」です。
日本で食べるミルフィーユはいちごが乗ったものが多い気がしますが、

本場フランスのミルフィーユは、間にはカスタードクリームしか入っていなくて、上は白と茶色のアイシングがたっぷりかかっています。
そうそう、「カスタードクリーム」は、フランスでは、creme patissiere(クレーム・パティシエール)と言います。
パティシエ修業一年目の最初に覚える仕事が、このカスタードクリームなので、そう呼ばれるそうです。
他にもとりあげたいケーキは沢山あるのですが、今日はこのへんで・・・。
ぜひメール添削や日記で、あなたの好きなケーキについて教えてくださいね!
ではまた~!

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (12 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

様々な国に滞在した経験があり、「伝わる英語」が何であるかをしっかりと理解しているRina先生。きめの細かい添削でありながら、モチベーションもしっかりと上げてくれる添削が大変人気で、生徒様から高い評価を受けている講師です。 座右の銘は"If you can imagine it, you can achieve it. If you can dream it, you can become it."