留学中には現地の人と交流したい!アプリ「Meetup」のススメ

海外留学

こんにちは、Paigeです。

突然ですが、留学やワーキングホリデー中に「現地の友達が欲しい!」と思っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

留学中の憧れ「現地の友達が欲しい!」

せっかくの海外生活。その土地との繋がりを感じるためにも英語力に磨きをかけるためにも、現地に住んでいる友達を作りたいですよね。

しかし、そう意気込んでいたものの、結局できた友達は日本人か同じく海外からの留学生ばかり。これはこれで楽しいけれど、やっぱり地元の友達が欲しい。「でもどうすれば…?」という状況になってしまいがちではないでしょうか。

私も3年前初めてカナダに来た頃は、全く同じ思いをしていました。

当時そんな悩みを相談したところ、知り合いがおススメしてくれたのが『Meetup』というアプリです!

簡単に言うと、同じ趣味や目的を持った人とのイベントに参加できるソーシャルアプリになります。私もこのアプリのおかげで、今でも仲のいいカナディアンの友達がたくさんできましたよ。

そこで今回は、知らないと損をしてしまう『Meetup』の魅力を基本的な使い方と共にご紹介したいと思います!

もうすでに海外にいる方もこれから出発する方も、是非参考にしてみてくださいね。

 

『Meetup』って何?

 

「meetup」は「meet up(何かを一緒にするために人と会う)」という句動詞からできた名詞です。実は『Meetup』は日本国内でも使われていますが、まだ海外ほど有名ではないようですね。

この『Meetup』内にはいくつもの「グループ」があり、それぞれのグループのorganizer(管理人)が主催する「イベント」に参加することができます。イベントの内容は様々で、アウトドア・写真・料理・映画・ゲームなどの趣味を一緒にするものや、socializing(人と出会うための交流会)・language-exchange(英語⇔日本語などの言語交換)など何か目的があるものがあります。

「初対面の人とそんなすぐに打ち解けられるのかな…」と心配になる方もいらっしゃると思いますが、地元の人も新しい友達が欲しくて参加していることがほとんどなので、フレンドリーな人が多いですよ。

 

『Meetup』を活用しよう!

 

まずは『Meetup』と検索してみてください、赤と白の「m」マークが目印です。ウェブページもありますが、個人的にはアプリの方が使い勝手がいいかと思います。使い方は以下のようにとてもシンプルですよ。

 

1.アカウントを作成する。

(自分の「interests」も登録しておくと、それにマッチしたグループ・イベントをシステムが提案してくれます。)

2.自分が登録した都市で活動しているグループの中から、興味があるものを見つける。

(キーワード・カテゴリー検索ができます。)

3. グループに「join」してから、参加したいイベントに予約する。

 

たったこれだけで、予約ができてしまいます!あとは当日に参加するだけです。

参加費は基本的に無料のものが多いですが、中には有料のものやキャンセルの期限を設けているものもあるので、事前に詳細を確認しておくことをおススメします。慣れてくれば、自分でMeetupグループを始めることもできますよ(グループ管理費が掛かります)。

共通の趣味を持った人同士なら、会話も弾みやすいですよね。連絡先を交換して、「今度一緒に~しようよ!」といったように交友関係を築くチャンスができるかもしれませんよ。

 

いかがでしたか?

現地の友達や英語で話す機会を作るのに最適な『Meetup』の良さをお分かりいただけたでしょうか?

楽しみながら交流の輪が広がり、さらに自然な英語も学べて、まさに一石三鳥のツールと言えますね。皆さんも是非、手軽に始められる『Meetup』を活用してみてください!

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (10 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA