【英語日記で使えるフレーズ】ニュースで英語学習! 日本のキャッシュレス化の影響

【ニュースで英語学習!】 日本のキャッシュレス化の影響

こんにちは、Paigeです。

皆さんは普段、英語のニュース記事を読む機会はありますか?通勤や通学時間でも手軽にさくっと読めてしまうニュースを、英語学習ツールとして取り入れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ニュースは、語彙を増やしたり速読の練習をしたりするのにも最適ですよね。そこで、イギリスの「The Guardian」より、日本国内のニュースを取り上げたいと思います。

 

ニュースで英語学習!

今回ご紹介するニュースは、

『Japan running out of credit card numbers amid online shopping boom(オンラインショッピング急増の中、日本でクレジットカード番号が不足)』

です。

ニュースを読む際に役立つ英語表現を、本文より抜粋してご紹介していきます!

参照元:The Guardian(2020)

https://www.google.ca/amp/s/amp.theguardian.com/world/2020/aug/24/japan-running-out-of-credit-card-numbers-amid-online-shopping-boom

 

ニュースを読む際に役立つ英語表現

  1. Run out of

「run out of」は、「~を使い果たす」「切らす」という英語表現です。お金、時間、体力、食材など様々なものに対して使える便利なフレーズです。引用文では進行形にすることによって、「不足してきている」というニュアンスを出していますね。

(引用)

“Japan is running out of credit card numbers amid[1] a surge[2] in online shopping during the coronavirus pandemic.”

(解説)

[1]「amid」は「~の最中に」という意味の前置詞です。後ろには名詞が続きます。

[2]「急増」

 

  1. Opt for

「opt for」は、「~を選ぶ」という句動詞です。引用文のように、「opt for~over…」とすると、「…よりも~を選ぶ」と言うことができます。また、「~することを選ぶ」と動詞が続く場合は、「opt to」とします。

(引用)

“The country’s credit card companies are struggling to come up with original 16-digit[1] numbers as consumers eschew[2] regular shop visits and opt for plastic[3] over hard cash[4]…”

(解説)

[1]「桁」

[2]「控える」

[3]ここでの「plastic」は、クレジットやデビットなどのカードを意味します。「plastic money」とも言います。

[4]「現金」

  1. Issue

「issue」には様々な意味がありますが、ここでは「発行する」という動詞として使われています。クレジットカードを始め、通貨や明細、身分証明書などに対して使うことができます。

(引用)

“Most of Japan’s 280 credit card companies issue cards with 16 digits so they can partner with[1] international firms such as Visa and Mastercard.”

(解説)

[1]「~と提携する」

  1. Boost

「boost」は、「増加」という意味を持つ名詞です。「~の増加」は、通常「boost in~」となり、「of」ではないので注意したいですね。なお動詞では「促進する」という意味があり、「boost the economy(経済を活性化させる)」のように使うことができます。

(引用)

“Credit card companies have warned that the boost in card issuances will result in a shortage of[1] combinations from the seventh-digit onwards[2]…”

(解説)

[1]「~の不足」

[2]「(英)onwards/(米)onward」は「~以降」という意味の副詞です。「from~onwards」という形でよく使われます。

  1. In an attempt to

「in an attempt to」は、「~しようと試みて」「~するために」という意味の副詞句です。「attempt」を動詞として使う場合は、「attempt to」となります。

(引用)

“While credit card usage in Japan rises by[1] about 2% a year, it received a further boost in the first half of this year after people were encouraged to stay at home in an attempt to contain[2] the Covid-19 outbreak.”

(解説)

[1]「rise」は、どれくらい上昇したのか数値を示す場合、後ろに「by」を置きます。

[2]「contain」は「含む」が代表的な意味ですが、ここでは「抑制する」という意味で使われています。

  1. Stand at

「stand at」は、数値や合計金額が「~である」という意味を持つ句動詞です。ニュースでは、引用文のように割合(%)を示す時に使われることが多いです。

(引用)

“Japan’s ratio of cashless transactions stands at around 20%, well below South Korea at more than 96% and China at 66%…”

  1. Run into

「run into」は、主に「偶然~と出会う」「~と衝突する」などといった意味で使われる句動詞です。しかし引用では、「(合計が)~に及ぶ」という意味で使われています。金額や量が非常に大きい時に用いられる表現です。

(引用)

“The most obvious solutions to the combination conundrum[1] would be to add an extra digit to credit card numbers, but the reform, which would involve advance trials to prevent forgery[2], could leave the industry with a bill running into billions of yen that it is reluctant to pass on to[3] consumers.”

(解説)

[1]「対処が困難な問題」

[2]「偽造」

[3]「~に支払わせる」

 

 

今回はクレジットカードに関するニュースを題材に英語表現をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

皆さんも是非、ニュース記事を英語学習に活用してみてくださいね!

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA