【翻訳家になるには】Rhyme and Syllable 1

【翻訳家になろう】Rhyme and Syllable 1

こんにちは、アメリカ出身のMorganです。

4月ということで、新しいことに挑戦しようと思っている方もいらっしゃるでしょう。

私もこのブログで何か新しいことを書きたいなと思って、他の先生のブログなど拝見してましたら!え、新しいカテゴリタブ追加されてない?

「翻訳の世界」だって!  え??前からありました?…すみません(笑)

ということで私も今までのブログカテゴリーに加え、翻訳についての気づきなどについても紹介したいなと思います。

子供の宿題:ふるふるふるふる

ある日子供の宿題で、ポエムを朗読するというのがありました。ちょっとタイトルとかはわかりませんが、「ふるふるふるふる…」 が何度も出てくるポエムでした。ふるふるふる…でfruitfulのポエムかな?と思ったけど、違いました(笑)

内容はあまりよく覚えていませんが、私の日本人の奥さんが子供に、

“This poem has a pattern of syllables. Listen for yourself and count the syllables so you can get into the rhythm.” と言っていました。

えー?そうなの?私は聞いてても全然わからなかった。そして、思ったのです。

なぜ私は、ふるふるふるふるときいて、fruitfulを連想しちゃうのか。

なぜ妻は、子供の朗読をきいただけですぐ、リズムがあるとわかったのか。

これは、日本語ネイティブ特有の才能!?

 

英語はRhyme、日本語はSyllable

言語によって、人が聞いていて心地よく感じる要因は少し異なるといいます。いい声で読んでくれる〜とかじゃなくて、言葉の作り的にですね。

一般的に、英語はRhyme文化、日本語はSyllable文化であると言われます。

くわしい内容は次につ・づ・く→ 【翻訳家になろう】Rhyme and Syllable 2

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
翻訳家のたまご

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Hello! アメリカ出身のMorganです。もうかれこれ日本に15年程住んでいます。 アメリカにも子どもたちを連れてよく里帰りするので、子どもを通して気がついたこと、日本とアメリカの違い、日本のここがいいな〜、アメリカのこういうところが懐かしいな〜ということを中心にブログに綴っていきます。