【映画で学ぶ英会話】映画「ハドソン川の奇跡」のセリフで学ぶ英会話

映画「ハドソン川の奇跡」のセリフで学ぶ英会話

今回は映画のセリフから英会話を学んでいきましょう。

映画「ハドソン川の奇跡」、原題「Sully」は2009年に起こったUSエアウェイズ1549便不時着水事故を取り上げた映画になります。邦題は「ハドソン川の奇跡」とされており、一見、事故から奇跡的に生還した人々の話かにみえて、実際は事故だけでなく、この事故の後にパイロットやその周囲の人たちが体験した苦悩に焦点を当てたものです。事故の事情聴取や、仕事上の会話などがメインになっているので、やや難易度の高い単語やフォーマルな表現もも多くでてきます。

映画「ハドソン川の奇跡」にでてくる英語のフレーズや語彙

ではさっそくセリフをみていきます。

・「That’s simply was not enough altitude.」

「単純に高度が足りていなかった。」

Altitudeは高さ、高度という意味の単語です。通常高さというとheightを想像しますが、この場合heightでも通じます。heightは単純に高さを表す単語であり、飛行機の高度や山の高さ、身長まで幅広く使えるものですが、Altitudeは主に飛行機の高度を示し、身長などに使うことはありません。そのほかにも、elevationという単語も同様に高さを示す単語で、山脈の標高を表すときに用いられます。

・「Bullshit.」

「Bullshitter.」

「でたらめだ。」

 

嘘つき、ホラ吹き、という意味で使用されます。また、劇中後半で副操縦士のジェフが一度Bullshitterという言葉を使っていますね。

・「We should expect some blowback.」

「彼らの自滅を祈るしかない。」

blowbackは液体や気体の逆流や銃の反動のことです。なので、そのことから会話では自分が行ったことが自分に返ってくること、自業自得の意味で使用されます。

・「Hey, Mike how about we got the driver as a character witness.」

「なあマイク、是非このドライバーに証言してもらおう。」

character witnessは 犯罪や事件の判決結果を左右する重要な証言のことです。character evidenceは被告人や被害者の性格について証言を行うことで、 ここでの証言をcharactor witness、性格証言と言います。このような当該人物の性格に関する情報をcharacter evidenceとして取り扱ってます。

 

・「Self-Defence, think the juror would convict?」

「自己防衛よ、陪審員は有罪判決出すと思う?」

jurorは陪審員を指す単語です。

・「This is so surreal.」

「シュールだな。」

Surrealは非現実的な、超現象的なと言った意味を含む英単語です。最近では日本でもシュールという言葉がカタカナで使われることがありますが、実際の英単語の発音はシュールではなく、スゥリアルです。

 

・「But, choosing land on the Hudson, that was still a big if.」

「しかし、ハドソン川への着水はとても大きな賭けだったのでは?」

 

Big ifとは直訳すると大きなもしも。可能性が低い賭けのことを表します。友達が宝くじを買おうとしているときに、That’s a big if.と言ってあげましょう。

 

・「Everyone is nuts up top.」

「みんなお祭り騒ぎだ。」

Nutsには、狂った、クレイジーな、馬鹿になるというような意味があります。この言葉が使われる場面は、1549便をオペーレートしていたスタッフが1549便は絶望的だと悲観していたところに同僚が1549便はハドソン川に不時着水するも奇跡的に搭乗者全員が無事だったことを知らせる場面になります。なので、nuts up topはここではダメだと思っていたことが思いもよらず実現したときのテンションが鰻登りに上がっていく様を表しています。また、nuts about~で〜に夢中という意味の熟語になので、案外使い勝手の良い単語です。

いかがでしたか?映画「ハドソン川の奇跡」は事実に基づいた映画です。一見美談に見える出来事の裏には知られざる当人たちの苦労があるということを教えてくれる現実的な物語です。英語の勉強と一緒に是非この映画をみてみてください。

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (7 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

奈良県在住。英語学習が好きで、将来的に英語に携わる仕事がしたいと思いスキルを磨いております。TOEICは890点保有です。2年間看護師の仕事に携わったのち結婚を機に退職し主婦業に専念。1〜2年に一度は引っ越しをする転勤族の妻です。夫のすすめで嫌々英語の勉強を始めるも、英語を学ぶ楽しさに目覚め、楽しみながら勉強中。最近はスペイン語の勉強も始めました。休日は夫とカフェ巡りをしています。