【翻訳家の暮らし】日本文のスタイルー縦書き・横書きの不思議

日本文のスタイルー縦書き・横書きの不思議

皆さん、こんにちは!
英日翻訳家デビュー講座を担当しております講師のMasakoです。

日本語って本当に不思議

日本語って本当に不思議です。

今更何を言っているのですか?と言われそうですが、考えてみてください。

もともと縦書きであった日本文ですが、現在では縦書きの文を読むことは稀になってしまいました。スマホやPCの画面に表示されるのは、横書きの文書ばかり。図書館や書店で手に取る文庫本や単行本は縦書きですが、図やイラストが多い図書は圧倒的に横書きになっています。

まるで千年前からそうであったかのように、横書きの文章が当たり前になっていますよね。広報誌やチラシの類も例外ではありません。

そう考えてくると、縦書きOK、横書きOKの日本文はなんと柔軟性が高いことかと思います。横書きにすれば、疑問符(?)や感嘆符(!)なども使えますし、アルファベットを挿入することも可能。

縦書き、横書き自由自在?

このように縦書き、横書きを当然のように享受している私たちですが、皆さんお気付きですか?

いざ縦書きの文書または縦書きを想定した文書を書こうとすると、ふと迷ってしまうことが多いことに…。

私自身も長年医薬分野の産業翻訳に携わってきて、和文、英文を問わず(英文は当然ですが)、すべて横書きで作業してきました。医薬に関する文書は、薬品の添付文書にしろ、臨床研究の報告書にしろ、ほぼ100%横書きでした。

ところが、文芸翻訳の分野で仕事をすることになって初めて、縦書き文書の表記に一定のルールがあることに遅まきながら気が付いたわけです。

ほんと遅いですよね⁉

ふだんあまりに当たり前になっていて、気が付かないことって山ほどある

近くに縦書きの本がある方は、ちょっと手に取ってみてください。

実際のところ、私も我が家で縦書きの本を探すのに結構苦労しました。手の届く範囲に積んである本たちのなんと8割、もしくはほぼ9割が横書きでした!

本ではありませんが、新聞は数少ない縦書きの生き残りですね。ところが、新聞紙面をざっと眺めてみると、縦書きがメインであるとはいえ、記事のタイトルのみ横書きになっていたり、ひとつの欄がすべて横書きであったりと様々です。新聞よ、おまえもか!!いまや縦書き文書は絶滅寸前でしょうか?

レイアウトでメリハリをつける目的があるのでしょうが、やはり縦書き・横書きが混在する日本文は不思議ですよね。

縦書きのルールって多い!?

縦書きの本や新聞を読んでみて、「え~~、そうだったんですね!」と改めて気が付くのは、

・段落のはじめは1マス(全角)あいている。
・会話文などカギ括弧ではじまる場合は、1マスあいていない。
・段落中の疑問符(?)、感嘆符(?)のあとは1マスあいている。
・ダッシュ(――)と三点リーダー(……)は、2マス使っている。
・本の題名、映画やテレビ番組のタイトルなどは『 』でくくってある。
・数字は原則として漢数字を使っている。
などなど、

そういえば、ダッシュや三点リーダー、縦書きだとやけに長いですよね。なにせ全角2マスですからね。

縦書き文書について訊いてみると

この絶滅寸前の縦書き文書について、ChatGPTに訊いてみたところ、こんな優等生的な答えが返ってきました。

縦書きには独特の美しさがあります。文字が縦に流れることで、視覚的に落ち着きが生まれ、文章のリズムや間が強調されます。特に詩や俳句などの文学作品では、縦書きが情緒を引き立てます。

ふう~~ん、なるほど、確かにジャンルにもよりますが、縦書きの紙の本は落ち着きますね。

同じ縦書きでもキンドルで読むとすぐに疲れて、目がチカチカしますが…。横書き・縦書きを問わず、私たちはスマホやPCの画面を見ることに幾分疲れてきたような気がします。これをscreen fatigueと呼ぶのだそうです。

たまにはリクライニングできる椅子に横になり、縦書きの紙の本を読むことにしましょう。

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

商社勤務。英国へ語学留学しCambridge English Certificateを取得。帰国後外資系企業に勤務。その後結婚して夫の転勤先である米国カリフォルニア州、テキサス州、さらにアフリカのナミビアを転々とする。 それぞれの地域のカレッジにて英語、スペイン語、数学、歴史など一般教養を終了し、ナミビアでは、南アフリカ大学の通信教育にてPsychologyを専攻。 1998年に帰国し、2000年にフリーランス「医学翻訳家」として稼働開始。医学分野において創薬(製剤試験、動物試験)、治験関連文書、承認申請資料、照会事項、文献、製薬品質管理、副作用報告書等々、様々な文書の英日、日英翻訳を手掛けて今日に至る。 <趣味や日課> 昔から単純なパズルゲームが好きで、現在は3マッチパズルにはまってます。他には読書。Amazon Primeでドラマや映画を鑑賞(CMがなく、好きな時間に連続して見ることができるので、国内、海外、ジャンルを問わず興味がわいたものを観ますが、近ごろはやりの『進撃の巨人』や『鬼滅の刃』など常時アドレナリンだらだら系は苦手)、音楽鑑賞。 スポーツ観戦は、相撲に加え、テニスはウィンブルドンのみ、サッカーは四年に一度のワールドカップのみ観戦。フィギュアスケートも観ます。スポーツジムでエアロやヨガのレッスンを受け、マシンに乗ったりしていたのですが、どちらかというとその後の入浴が楽しみ。現在はウォーキングに切り替えています。料理は時短で済ませますが、どういうわけか編み物が好きです。