在宅クッキング: レシピシェアしませんか?

在宅クッキング

 

こんにちは、

フルーツフルイングリッシュのEriiです。

ご自身の手料理に飽きてきたという方は

いらっしゃいませんか?

 

うちはテイクアウトさえもしていないので

本当に自分の料理しか食べられないため

「誰かに作ってもらった料理が食べたい~!!」

と思うことが増えてきました。

 

そこで友人達とレシピを交換しては、

別の家庭の味を堪能しています(笑)。

 

先週はネパール人の友人から届いた

momoというネパールやインド(その他のアジア国)

でポピュラーなディッシュをつくりました。

 

コンセプトは日本の餃子と同じで、

中に入る具やスパイスが異なります。

生地ももっと厚めです。

 

それをchutney(チャツネ)という

ソース(チャツネには色々な種類があります)に

つけていただきます。

私はショートカットして日本の餃子の皮を使いました。

友人からは2種のチャツネのレシピをもらったのですが、

一つでギブアップしました~(トマトをたくさんつかうので・・・)。

 

momoの他にもchicken and chickpea curryなども

レシピをいただきつくりました。

(私の盛り付けのセンスのなさにはノーコメントでお願いします)

 

シンガポールチキンライスと生春巻きもつくりました。

我が家の和食率は50%ぐらいです。

 

レシピ交換が予想以上に楽しく、

フルーツフルイングリッシュのみなさんの間でも

流行らないかな~と密かにたくらんでいる私です。

(レシピ泥棒!)

 

そこで、まずは私からレシピを一つ

シェアしたいなと思います!

とっても簡単にできる和の一品です。

 

友人たちの素晴らしいレシピを紹介したい

ところですが、大抵の日本のご家庭にはない

スパイスや材料を使うのでやめました。

私が紹介したレシピを見て、スパイスを求めて

スーパーを何軒も歩き回ったなんてことになったら

大変!ですので・・・。

今から紹介するレシピも普段のお買い物で

食材が簡単に手に入る場合につくってくださいね~!

 

私が紹介するレシピとは

我が家では「貝ごはん」と呼ばれている一品です。

アメリカに住んでいる頃に母が別の日本人の方に

教わった料理であったと思います。

 

貝がお好きであれば是非作ってみてください!

 

材料

あさり水煮缶(130g) 1缶 水は切る

わけぎ 1袋

しょうが みじん切り大匙1.5~2

ごま油 大匙1~1.5

しょうゆ 大匙1~1.5

炊いたごはん 1.5合

 

普段は目分量でつくっているため、

量が正確に分かりません・・・すみません。

あさり、ネギ、しょうがはたっぷりが美味しいので

もっと増やして頂いてOKです!

私はしょうがをどさどさ入れています。

味の濃い薄いはお好みで醤油の量を変えてください。

 

手順

1.ごはんを炊く

2.フライパンを温め、ごま油を熱する。しょうがを加え香りをだす

3.ネギを加えしんなりするまで炒める

4.あさりを加え炒める

5.火を止めて醤油を加える

6.炊き立てのご飯に混ぜて完成!

(炊飯器にいれたままにするとあさりがかたくなるので、

器にうつしてくださいね。)

 

とても簡単ですが、美味しいので

ぜひ試してみてください。

写真がなくてすみません・・・。

最近も作ったのですが、

食べるのに夢中で写真を撮るのを

忘れてしまいました。

 

みなさんもシェアしてもいいな~という

レシピがありましたら是非教えてくださいね!

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分以上をアメリカで過ごし、アメリカの大学では言語学のアシスタントとして活躍されたり ネパールでも英語の講師をされていた経験があり、国際経験豊かな先生です。 人見知りしない性格で、誰とでも仲良くなる性格とホスピタリティーは英語指導にも表れています。生徒様から人気で、お客様満足度評価も高い先生です。