【子ども新聞 vol.6】日本語で物を数える時はどのように言う?

日本語で物を数える時はどのように言う?

ものの数え方

日本語では、物を数えるときに「助数詞」と呼ばれる特別な言葉を使います。これは、「単位」で、1(個)、2(個)、3(個)など数字の後ろで使います。

日本語には何百という助数詞がありますが、心配いりません! 実際には、日常生活で使われるものは限られています。今回は、その中から3つ紹介します。

 

– 細長いもの

鉛筆やペットボトルなどを数えるときに使う。

一本(いっぽん) 二本(にほん) 三本(さんぼん)

 

– 平らで厚みのないもの

紙、CD、タオルなどを数えるときに使う。

一枚(いちまい) 二枚(にまい) 三枚(さんまい)

 

– 人数を数えるときに使う。

一人(ひとり) 二人(ふたり) 三人(さんにん)

 

助数詞の前の数字によって発音が変わるものもあります。

 

日本文を英訳してみよう!

In the Japanese language, we use special words called “counters” when counting objects. We can think of these counters as “units of measurement”. These units are placed after numbers e.g. 1(unit), 2(unit), 3(unit), etc.

 

There are hundreds of counters. But, don’t worry about it! In reality, we only use a handful of common ones in daily life. I will introduce 3 of these commonly used counters.

 

– Long, Thin Objects

We use 「本」 when counting objects such as pencils, plastic bottles, etc.

一本(いっぽん) , 二本(にほん) , 三本(さんぼん)

 

– Flat Items

We use 「枚」 when counting objects such as pieces of paper, CDs, towels, etc.

一枚(いちまい) , 二枚(にまい) , 三枚(さんまい)

 

– People

We use 「人」 when counting people.

一人(ひとり), 二人(ふたり) , 三人(さんにん)

 

The pronunciation rules of some counters change according to the number before it.

 

執筆者:Mary2

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (1 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

カスタマーサポートがおすすめ記事をご紹介いたします。