【解答編】温泉の入り方を英語で説明してみようチャレンジ!

温泉の入り方を英語で説明してみようチャレンジ!

【解答編】温泉の入り方を英語で説明チャレンジ

 

皆さんこんにちは!

前回の記事では、

「温泉の入り方を英語で説明する」に挑戦していただきましたが、

スラスラと書けましたでしょうか?

 

私の予想では、「お湯につける」

「恥ずかしい(人目が気になる)」などの

表現で戸惑われた方がいらっしゃるのではないかと思っています!

 

英語が思いつかない時は深く考え過ぎず、

ちょっと遠回しな言い方になってしまっても

自分が知っている単語で表現してみるといいですよ!

 

派手な表現を使うことよりも、

相手に伝わることが大切です。

 

書けなかった文がある方は、

解答を見る前にあと1回だけ挑戦してみてください。

 

あなたは、どの文が難しいと感じましたか?

それともどれも簡単でしたか?

 

9月の4連休は多くの方が旅行をされていたので、

実際に温泉で海外の方に出会ったという方も

いるのではないでしょうか?

 

お出かけをする時も

「こんなシチュエーションではどんな英語を使うかな~?」と

考えてみてくださいね!職場や自宅では思い浮かばない表現が

浮かんだり、脳の隅で眠っていた言い回しがパッと浮かぶかもしれません。

 

それでは・・・!

解答例をご紹介します。

表現方法はたくさんありますので、

あくまでもご参考までにお読み頂ければと思います。

 

・日本の温泉は裸で入浴します。水着の着用もNGです。

・You can’t wear anything in a Japanese onsen./ You have to take off all of your clothes before going in the onsen.

Not even swimming suits are allowed.

・体を洗うために小さなタオルを持っていくことができます。でもお湯にはつけないようにして下さい。タオルを頭の上にのせて入る人もいますし、頭に巻いて入ることもできます。

・You can take a small towel with you to wash your body with, but you can’t let it go in the water (you can’t let it touch the water). Some people leave the towel on their head or wrap it around their head.

・お湯に入る前にはシャワーを浴びます。髪の毛が長い場合はゴムで結ぶかタオルで巻きましょう。

・You are expected to shower before going in the water. Make sure to tie your hair if you have long hair, or you can wrap a towel around your head.

・なので、まとめると服、タオル、髪の毛をお湯インするのはNGです。この3つだけ覚えておけば大丈夫ですよ~。

・So, no clothes, no towels, and no hair in the water. Just remember those 3 rules and you’ll be fine.

・脱いだ服はこのカゴに、貴重品はあちらのロッカーに。(ロッカー)の鍵をお風呂に持ち込むのを忘れないでくださいね。

・Your clothes go in this basket, and you can keep your valuables in the locker over there. Don’t forget to take the key with you when you go in the bath.

・最初は恥ずかしい(人目が気になっちゃう)と思いますが、すぐに慣れますよ!

・You might feel self-conscious at first, but you’ll get used to it in no time.

 

 

いかがでしたか?

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (7 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分以上をアメリカで過ごし、アメリカの大学では言語学のアシスタントとして活躍されたり ネパールでも英語の講師をされていた経験があり、国際経験豊かな先生です。 人見知りしない性格で、誰とでも仲良くなる性格とホスピタリティーは英語指導にも表れています。生徒様から人気で、お客様満足度評価も高い先生です。