多重人格な英単語「love」の使い方!

多重人格な英単語「love」の使い方!

英語の「love」 には注意が必要?

 

皆さんこんにちは、

フルーツフルイングリッシュのEriiです。

 

最近周りの誰かに「愛」を伝えましたか?

 

映画であっても、日本人の方が「愛している」と言うのは

あまり聞いたことがないように感じます。

 

一方、アメリカに行くと「love」という言葉は

毎日のように耳にします。

 

I love ice cream.

I love this movie.

I love how this actor played YY.

I love watching the stars at night.

 

英語では、アイスクリームでも香りでもなーんでも好きなものは「love」で

表現することができます。

 

日本語で言う「好き、大好き、すごくいい」の感覚で

「love」を使うのですね。

 

日本語では友人、家族、ペットに「愛している」と言う習慣もありませんが、

アメリカでは親しい友人にも家族にもペットにも「I love you.」と言います。

 

そう、ここまできたら思いますよね。

 

英語の「love」は日本語の「愛している」ほど重みがないのだろう。

ある程度好きなものなら、なーんでも「love」と使えるのだろう。

↑   ↑   ↑

これがトラップです(笑)。

 

何がトラップかと言うと、

日常生活では軽い気持ちでサンドウィッチにでも「love」を使っていたのに・・・

「恋愛」になると急に「love」の使い時に厳しくなります。

 

普段気軽に使えていた「love」は、恋愛(対恋人)になると

突如、意味に重みが出てきます。

 

恋人に対して早すぎるタイミングで「I love you.」と言ってしまうと

関係が崩れてしまうほど、「I love you.」と言うのは恋愛で大きなステップです。

(もちろん個人差はありますが!)

 

恋愛においては、「love」は日本語の「愛している」に近い意味を持ちます。

 

サンドウィッチにも

映画にも

スプーンにも

ハムスターにも

好きという軽い気持ちで「I love・・・!」と言っていたのに、

対恋人になった途端に「love=愛している」という意味に人格が変わります。

 

恋愛ではまず「like」からはじめて関係が発展して

お互いに長期でコミットしたいと思える相思相愛な段階で

「love」を使うことが多いようですね。

 

多重人格な「love」、使用にはご注意を♡

 

 

【12/6(月)まで限定!】あなたはこんな間違えをしていませんか?

登場頻度が高いのに、日本人が最も間違える文法テーマがあります。
ネイティブなら、おしゃべりを始めた子どもから、老人に至るまで、学力の差に関わらずこの文法テーマを間違えて使うことはありません。

たった1つの文法テーマを、たった3つの簡単なルールで覚えるだけで、間違いなくあなたの英語の印象が良くなります!
自然な英語を目指しているなら、何よりもまずこれから学んでください。

送料550円のみで、通常3,850円の1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

その文法テーマとは?

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (8 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分以上をアメリカで過ごし、アメリカの大学では言語学のアシスタントとして活躍されたり ネパールでも英語の講師をされていた経験があり、国際経験豊かな先生です。 人見知りしない性格で、誰とでも仲良くなる性格とホスピタリティーは英語指導にも表れています。生徒様から人気で、お客様満足度評価も高い先生です。