【3分で英訳のコツ】― 主語は何かを論理的に判断する!

【3分で英訳のコツ】― 主語は何かを論理的に判断する!

こんにちは、さゆりです。

 

The conference room could be extended by 30 minutes if you don’t have sufficient time.

 

この文章を読んで、皆さんはどう思われますか?

何かおかしいと思われた方は、英文における主語を論理的に判断する習慣がある方です。

ただこの文章は、プロの翻訳家がよく使う某辞書サイトの実務例文で見つけたものですから、プロの翻訳家でもよく間違えるということです。

さてこの文のどこがおかしいのでしょう?

それは主語です。

 

英訳のポイント、主語を見てみよう!①

この文章は、文法的には

 

The reservation of the conference room could be extended by 30 minutes if you don’t have sufficient time.

 

とするべきなのです。論理(英語)的に考えると、conference room という空間を30 minutes という時間枠で伸ばす(extend)のは不可能ですよね。この文章の場合は、if you don’t have sufficient timeという従属節があるので、reservation ofが抜けていても、extendできるのが時間であるということは容易に想像は付きますが、この従属節がなく、

 

The conference room could be extended by 30 minutes.

 

だけだとほぼ意味不明になってしまいます。

もちろん口語の場合、十分意図が通じるような場面では、native でもこのreservation ofのような語句を省略することはしばしばありますが、文章にする場合は省略しません。よく新聞記事のインタビュー/発言で単語を()で括っているのは、「発言はされていないけど、こういう単語が省略されていますよ」ということを知らせるためです。

 

日本語はしばしば主語が省略されるので、私達日本人は主語を論理的に考えるのが苦手なのかもしれません。

 

英訳のポイント、主語を見てみよう!②

最近よく添削で見かけるのが、時代を反映して以下のような文章です。

 

Our emergency declaration was finally lifted.

 

日本語では「宣言の解除」なのですが、英語表現的にいうとlift されたのは、「state of emergency」という状況なのです。「宣言(declaration)」は一回きりの行為で、状況ではないので解除する事は難しいのです。もちろん、「宣言」をcancel することは可能ですが、cancel というのはなかったことにするということですから、「解除」とは若干ニュアンスが異なりますね。ですから、ここは、

 

Our state of emergency was finally lifted.

 

とするのが適正でしょう。

 

ただ、話をややこしくして申し訳ないのですが、State of Emergency Declaration を一つの固有名詞として扱い、

 

The State of Emergency Declaration was finally lifted.

 

とすることは可能です。

 

また、be 動詞と補語の関係に関しても似たような例があります。

 

I would like to have a meeting with you tomorrow at 10:00 am.

If you are convenient, please let me know.

 

というような間違いは割に頻繁に見かけます。この文章は、文法的には可能ですが、「もしあなたが便利な人間なら、お知らせください」という意味になってしまいます! ですから下の文章の主語はconvenientな「対象」であるべきです。

 

If the time is convenient to you, please let me know.

If that is convenient to you, please let me know.

 

このように適切な主語を論理的に探していくと、相応しい動詞、目的語も自然に見えてくることが多いので、英文を書く際の参考にして下さい。

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

現在、オーストラリアのメルボルンに在住です。

日本を1991年に離れ、オーストリア、アメリカなどに居を構えました。20年近く、外資系金融機関で、リサーチ、営業に携わってきたので、専門は、金融/経済/会計ですが、現在は幅広く翻訳の仕事をしています。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (10 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

2 件のコメント

  • おはようございます…

    初めまして
    東大阪市在住の
    北川八十四( やとし ) ともうします
    よろしくお願いいたします…

    ズームなどでの
    英語の御指導は
    なさっておられるのですか…

    わたしは
    おかげさまで
    土曜日日曜日のいくらかの時間がつかえますが…

  • 北川さま

    ご連絡誠にありがとうございます。

    はい、ZOOMでの講座も行っております。
    メンバー様限定のご案内など多いですので、もしよろしければ、当社のホームページより
    無料会員登録をされて頂くと、ご登録頂きましたメールアドレスに、お得な情報や
    ためになる英語情報と一緒にお送りいたします。

    ↓ご登録はこちらからすぐ行えます↓
    https://www.fruitfulenglish.com/

    ご登録頂きますと、無料の英作文添削チケット(1,100円相当)や、英文ルールのルールブックなど
    も無料でプレゼントいたします。

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントする

    コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。