【英語学習のコツ!】英検1級の語彙問題でボキャブラリービルディング②

英検1級の語彙問題でボキャブラリービルディング2

はじめに

今回も語彙の増強がテーマです。

英検1級の問題を使って語彙増強をしていきましょう。

前回記事では、語彙の定着3要素のお話をしました。

そしてそのための6つのステップのお話をしました。

まだお読みになっていない方は、そちらを先にお読みいただけるとよりスムーズに学習
できると思います。

では、さっそく学んでいきましょう。

 

ボキャビル1問目

英検1級(2021第3回より)第1問より

まずは以下の英文の(   )に入る単語はどういったものを推測しましょう。

(リーディング→( )を推測)
(4)The children were so ( ) by the television show that none of them said a single word during the whole program.

短い文ですが、意味はおわかりでしょうか。

おおよそ日本語にすると
「子どもたちはそのテレビ番組にとても(   )だったので、番組中は誰も一言も発しなかった」となります。

そうすると、(  )には「集中していた」「夢中だった」「魅了されていた」「釘付けだった」のような意味が入りそうですよね。

この推測がとても重要です。

こういった推測をきちんとする習慣をつけておくと、長文で知らない単語に出会っても
推測できるようになります。

すぐに選択肢を見ないのがポイントでしたね。

(選択肢から単語を選ぶ)

1.undermined 2. constricted 3. dispelled 4.mesmerized

(選択肢の解説)※発音はブログではお伝えできないので、辞書で確認ください。
1. undermine :密かに傷つける( My father’s health was undermined by alcohol.)
2. constrict :圧縮する、締める(He constricted his throat and kept from breathing. )
3. dispel : 払いのける(We need to dispel their doubts on us. )
4. mesmerize : 魅了する(The audience was mesmerized by her voice. )

正解は、4.mesmerize になります。

きちんと文脈から推測し、その後に選択肢を見ると、グッと選びやすくなります。

たった1問ですが、学べることが沢山あります。

文中のいわゆるso… that~ 構文にお気づきでしたでしょうか。

そして、このなかで分からない単語を、自分の単語リストに加えましょう。

また、前回号でお話ししたように、例文リストの作成も同時並行で行っていきましょう。

ある程度リストが溜まってきたら、ボイスメモなどに録音して、耳でも学習できるようにしましょう。

 

ボキャビル2問目

さて、もう一問いってみましょう。

(5) Paula tried to ( ) innocence when she was accused of stealing from the store.
The unpaid-for clothes in her bag, however, proved that she was lying.

まずは意味取り、推測です。

おおよその日本語訳は「ポーラは、お店で盗みを働いたと訴えられたとき、無実を(   )しようとした。しかし、彼女のバッグから未払いの洋服が出てきた事で、彼女が嘘をついていることが証明された。」でしょうか。

そうすると、(   )には無実を「訴える」「証明する」などの語彙が入りそうですね。

(選択肢)

1. squash 2. embark 3. feign 4.pamper

(選択肢の解説)※発音はブログではお伝えできないので、辞書で確認ください。
1. squash :押しつぶす(My hat was squashed flat.)
2. embark :積み込む、乗り出す(He embarked a new business. )
3. feign : ふりをする(He always feigns to be ill.)
4. pamper : 好き勝手に振る舞う、甘やかす (I’m afraid they pamper their only daughter. )

正解は、3. feign になります。

少し難しかったでしょうか。

ですが、上級を目指す上では、難しい問題が宝の山です。

単語、例文を自分のリストに加えて、ライティングやスピーキングにどんどんと応用していきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

問題数はわずか2問ですが、選択肢の語彙、例文は学べることが沢山つめ込まれているのが英検の特徴です。

学習の素材として積極的に活用していきましょう。

ただ、ご注意いただきたいのは「試験対策=英語の学習」ではありません。

やはり、学んだ内容をアウトプットに活かしていくことが大切です。

日記やエッセイ、例文を自分でつくるなど、工夫次第でアウトプットの場面はつくり出すことができます。

上級英語をサラリと使いこなすまで、コツコツと頑張っていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

聴く⇔書くをさらに効果的に学べるテキスト

英語テストプレミアム

英語テストプレミアム


“忘れること”を前提にした学習システム英語テストプレミアム"は、セットフレージングになっている英語テストを1日5分、書く&聴くを繰り返して記憶を定着させる新感覚教材となっています。 さらに日替わりテストに加えてレッスンモードも搭載。 月にかかる料金はたった990円(税込) 。手軽に"ワタシ磨き"習慣、はじめませんか? 詳細はこちら:https://www.fruitfulenglish.com/customers/TST.html

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (60 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

地方の公立小~高校で普通に学び、必死の受験勉強の結果、英語が苦手な大学生になる。自分のように英語が苦手な生徒を助けたいという一心で、英語講師を目指す。1年間、英語の臨時講師をしながら資金を貯め、渡米。米国大学院にてTESL(英語教授法)を取得。2年間の留学を経て、地元で英語講師として18年間、中高大学生を中心に英語を指導中。英検1級、TOEIC最高点980 海外留学サポート、英語ディベート、英検・TOEICなどの資格取得のための指導も行っている。