【3分で英作文レベルアップ】everyとallは、単数形?複数形?

こんにちは、講師のエリカです。

最近、このような間違いを何度か見かけましたので、是非お話させてください。

everyall。どちらも「皆、全員、全て」という意味ですよね。しかし、この二つの単語の使い方には、大きな違いがあります。

そうです!どちらも複数の物を指しているにも関わらず、allが複数形扱いで、everyが単数形扱いなのです。

 

あなたはお気づきでしょうか?この違い

次の例文を見てみましょう。

  1. Every kid is happy.
  2. All kids are happy.

「子供たちは皆幸せだ。」

お気づきでしょうか?
everyの後ろの名詞は単数形kidになっているのに対し、allの後ろは複数形kidsになっています。
動詞も、①では三人称単数のis、②では複数のareになっています。こうして並べて比べてみると分かりやすいですね。

次のような構造は間違いになりますので、気をつけましょう。

× Every kids are…

× All kid is…

 

単語の違いをイメージで覚える

では、なぜ意味がほぼ同じなのに、allだけが複数形なのでしょうか?

結論から言いますと、everyが単数形扱いになっているのは、「全体の中の一人一人(一つ一つ)」を指しているからだと考えられます。
allと同じく「全体」を表し、結果としては複数のものを指すことになりますが、個体に着目した言い方であるため、主語として使う場合は単数形の主語になります。

 

イメージとしては、こんな感じです。

every [○][○][○]

all [○ ○ ○]

お解かりいただけましたでしょうか?
everyにもallにも三つの“○”が含まれているのですが、allの中には複数のものが一気に入っています。
つまり、allには「複数のもの」が含まれています。一方、everyを主語として使う場合は、その三つの“○”のうち一つが全体の「代表」として主語になっていると考えましょう。

 

※ 但し、allも必ずしも複数形扱いになるとは限りません。文字通り数えることのできない不可算名詞の前にくるallは、単数形扱いになります。

  • All the water was gone.
    「水は全部なくなった。」

× All the water were gone.

 

因みにevery-が付いているeveryone、everything、everybodyも単数形扱いになりますので、間違ってדEveryone are…”と言わないようにしましょう。

  • Everyone is happy.
  • Everybody is laughing.
  • Everything is nice.

※ –thing、-body、-oneで終わる単語は基本的に単数形扱いになります。nothing、nobody、something、someoneなども単数形扱いです!

 

なんだか考えれば考えるほど難しくなってきましたが、とりあえず「everyは単数形扱い」というルールを押さえましょう!

 

 

あなたは「英語らしく」英語を書けていますか?

「日本人っぽい英文」「意味は伝わる。」
こんなことを耳にしたことはありませんか?

英語らしい英語を書くことに必要なものってなんでしょう?
もっと単語を覚える?もっと文法を勉強する?

いいえ、最も大切なことは、英語を英語足らしめている文章の基本ルールなのです。

この1冊で、英文ライティングのたった1つのルールを身に付け、自分の考えを「英語の伝え方」に仕立て直すことができます。

今すぐ確認する

記事を読んで文法力を強化したいと思った方に

文法復習

復習ドリルシリーズ


  • すでに知識としては知っているが、反復練習を通じて身に付けたい方
  • ある特定のテーマを徹底的に練習したい方
  • 繰り返し学習を通じて、感覚として身に付けたい方

こんな方に手軽にご利用いただけるように、テーマ毎に、コンパクトに練習できるドリル形式のシリーズ冊子を準備しました。

詳細はこちら:https://www.fruitfulenglish.com/customers/TH7.html

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (60 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

4 件のコメント

  • とてもシンプルに,まとめられており,
    すんなり理解することができました。
    ありがとうございました!

  • 英会話学習中です。
    日本語の名詞には単複の概念がありませんので、大変苦労しています。
    ある日本の受験生の言った言葉に、
     All of this preparation for the entrance exams is driving me nuts!
     (受験勉強は気がおかしくなるよ!)
    というのがありました。
    isではなくareにするべきなのでしょうか?

  • ご質問ありがとうございます。
    preparationは不可算名詞なので、複数形扱いをすることができません。
    不可算名詞にallが付いていても、動詞は単数形のisのままです。

  • コメントする

    コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    日本語能力試験最難関のN1取得。幼い頃から日本文化に興味を持ち、日本語も日本人と見分けがつかないほど流ちょうに使いこなせるN1講師。座右の銘は「Challenge yourself!」