【もう怖くない!】scaredとscaryの使い分けが2分で解る!

scaredとscaryの使い分け

こんにちは、講師のエリカです。

scaredとscaryの違いについて考えたことがありますか?今回は、この二つの「怖い」の使い分けを解説したいと思います。

scaredとscaryは、日本語ではどちらも「怖い」と訳すことができますね。しかし、この二つの英語には或る根本的な意味の違いがあります。

そう!片方は「怖がっている」、そしてもう片方は「怖がらせる」というニュアンスになるのです。

まず、scaredですが、こちらは「怖がっている」という意味の「怖い」になります。もっと説明しますと、「(主語が)怖がっている」という意味です。

① I am scared.
「私は怖い。/私は怖がっている。」

十分シンプルですね。scareという動詞自体は「怖がらせる」という意味になりますが、その受動態から形成された形容詞scaredは「何かに怖がらされている」、つまり「怖がっている」という意味になります。

一方、形容詞scaryには形容詞の語尾-yが付いています。この-yは日本語で言うと「っぽい」のようなものでしょうか。このscaryは、「怖がらせるような」という意味になります。どちらかといえば能動態のようなアクティブな意味です。

② This movie is scary.
「この映画は怖い。/これは人を怖がらせるような映画だ。」

主観的な意見ですし、話し手がこの映画に対して怖がっているのは確かです。しかし、主語を見てみると、this movie(この映画)になっています。「映画」が何かに対して怖がることは通常ないと思いますので、形容詞はscaryになります。

 

では、早速練習しましょう!次の文にscaredまたはscaryを入れてみてください。

③ It is ___ that he knows so much.
「彼の知識の量は怖い。」

さあ、どちらでしょうか?冗談で言っているのかもしれませんが、この場合も、感情としては話し手が“怖がっている”のは確かです。しかし、主語に注目しましょう。この主語itは何を表しますか?

そうです、that節の内容、つまり「彼の知識の量」を表しています。scaredを使うと、「彼の知識の量」が何かに対して怖がっていることになってしまいます。つまり、この場合はscaryを使うのが正解ですね。

③ It is scary that he knows so much.

scaredとscaryの使い分けについて簡単に説明してみましたが、いかがでしょうか?どちらを使って良いか判らなくなったときは、主語で判断しましょう

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

フィンランド出身。日本語能力試験最難関のN1取得。IELTSアカデミックスコア8.5(8はExpert User、9はNative User)。日本語も日本人と見分けがつかないほど流ちょうに使いこなせるN1講師。フィンランドでは小学生のころから英語を学び始め、海外のテレビや映画は吹き替えではなく字幕が使われており、若い世代は英語が話せない人はほとんどいないと言っても過言ではない状態にあります。Erika先生も幼稚園から英語を使って育っており、英語力についても当社英語圏ネイティブ講師がまったくネイティブとそん色ないレベルと評価しています。座右の銘は「Challenge yourself!」

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (63 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

フィンランド出身。日本語能力試験最難関のN1取得。IELTSアカデミックスコア8.5(8はExpert User、9はNative User)。日本語も日本人と見分けがつかないほど流ちょうに使いこなせるN1講師。フィンランドでは小学生のころから英語を学び始め、海外のテレビや映画は吹き替えではなく字幕が使われており、若い世代は英語が話せない人はほとんどいないと言っても過言ではない状態にあります。Erika先生も幼稚園から英語を使って育っており、英語力についても当社英語圏ネイティブ講師がまったくネイティブとそん色ないレベルと評価しています。座右の銘は「Challenge yourself!」