TOEICの問題集、ちゃんと復習してますか?

TOEICの問題集は解いて終わり…な人が意外に多い。

 

TOEICの学習者には色々な方がいます。

 

TOEIC講師を始めた頃に実は一番驚いたのが「問題を解いた後に復習をしない人」の存在です。

 

と、言いたいところなんですが、実は「復習をしない人」はまだマシで、そもそも「問題を解いた後に答え合わせをしない人」もいます。

 

これは学生に多かったですね。

 

社会人の方で「答え合わせはしません!」っていう方には幸い会ったことがありませんが、学生だと少数ではありますが、意外にいます。

 

答え合わせをして終わり…な人はもっと多い

 

さて、さすがに「答え合わせはしません!」っていう方は社会人の中にはいないと思いますが、それだけで終わっている方は一定数いらっしゃるのではないでしょうか。

 

もちろん、目的によっては「問題集を解く→答え合わせをする→問題集を解く→答え合わせをする」という流れでひたすら学習をする時期もあるとは思います。

 

「自分が間違いやすい問題がどんなものだか把握するために問題の数をこなす」とか「TOEICの問題の傾向を体感として知っておくために問題の数をこなす」ような場合は、確かに問題を解いて答え合わせをして、すぐ次に新しい問題を解く、という方法が有効でしょう。

 

でも、この方法だと根本的な部分、つまり英語力は上がっていないことになります。

 

間違えた問題の解説や和訳を読むだけだと、英語力は上がりませんよね。

 

たとえ間違えた理由が、ある単語を知らなかったからで「へぇ~、この単語はこういう意味だったのか!これさえ知ってればこの問題を正解できたな」とわかったとしても、それをそのまま放っておいたらその単語の意味をまた忘れるでしょうし、英語力は上がっていません。

 

いやもちろん、厳密には問題を解く際に英語を読んでいるわけで、全く英語力が上がらないわけではないのですが、それは微々たるものです。

 

問題を解いて答え合わせをしたら復習しましょう

 

おすすめの復習は、知らなかった単語を繰り返し復習すること、リスニングであれば聞き取りにくかった部分の音声を繰り返し聞き直すこと、リーディングであれば読みにくかった文章を繰り返し読み直すことです。

 

すでにこういう復習をやっている方にとっては当たり前すぎて何を今さら、と思われるかもしれません。

 

でも、もしまだこういった復習をやっていない方は、ぜひ取り組んでみてください。

 

普通に、自然に英語力が上がっていき、スコアも伸びます。

 

 

 

 

TOEIC対策に興味を持った方は、フルーツフルイングリッシュに「無料英語テスト800問(解説付き)」というものがあります。お試しください→こちら

英語講師。YouTube「猛牛ちゃんねる」でTOEIC対策動画を配信中。最近はTOEIC®対策書籍等の教材作成に主に携わっています。Jet Bullというハンドルネームでブログ・twitterをしています。TOEIC満点50回超。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (2 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。