間違いやすい形容詞!-edと-ingで終わる形容詞の違い

間違いやすい形容詞!-edと-ingで終わる形容詞の違い

こんにちは、講師のMikaです。

皆さん、「私は驚いた!」と英文で書くとき、I am surprised?それともI am surprising?どっちだっけ?と迷ったことはありませんか?

この場合、状態を表すので形容詞を使いますよね。
でも-edで終わるsurprisedも、-ingで終わるsurprisingも両方とも形容詞になります。

え?!じゃなにが違うの?同じように使えないの?

英英辞書の説明を読んだら少し分かりやすいと思うので、紹介させていただいていますね。

英英辞書Collinsでは、

*surprised
“If you are surprised at something, you have a feeling of surprise, because it is unexpected or unusual.”

*surprising
”Something that is surprising is unexpected or unusual and makes you feel surprised.”

との説明があることから、
surprisedは人においての状態、
surprisingはこと・ものにおいて「驚くべき」「意外な」
ということを表わします。

なので、「私は驚いた」という意味では、前者のsurprisedを使って、I am surprisedと表すことになります。

surprisingは、例えば、this news was surprising「このニュースは驚きだった」と表すことができます。

退屈?つまらない?

他に、boredとboringも同じように使います。

なので、「私は退屈だ」と表す場合は、
I am boredと表します。
I am boringと表した場合「私はつまらない(人)です」ということを表わすことになるので注意です!

「この映画はつまらない」と表す場合は、
This movie is boring
と表します。

まだある、同じ使い方の形容詞はこれ!

他に
・ Interesting / Interested
・ Tiring / Tired
・ Confusing / Confused
・ Relaxing / Relaxed
・ Amazing /Amazed
・ Scaring / Scared
・ Embarrassing / Embarrassed
・ Shocking / Shocked
・ Exciting / Excited
・ Encouraging / Encouraged
などもあります。

さて、ここまでは-edと-ingで終わる形容詞では主語によって表し方が違うということを理解できたと思います。

では、

なぜ-edと-ingで終わる形容詞がでてきたのでしょうか?

それは分詞にあります。
英文法を学んでいて、現在分詞(-ing)と過去分詞(-ed)を聞いたことありませんか?

現在分詞は「~する」「させる」と能動態、
過去分詞は受け身で「~させられる」ということを表わします。

なのでsurprisingやboringは「驚かせる」「つまらくする」
surprisedやboredは「驚かされる」「つまらなくさせる」

なので、こと・ものが「脅かせる」「つまらなくする」と-ingの形を使い、
surprisingやboringと表します。

一方で自分自身が「驚かされた状態になる」「つまらなくさせられた状態になる」という意味では-edの形を使い、
surprisedやboredと表します。

 

いかがでしたでしょうか?
同じ形容詞なのに、表現の仕方が違う形容詞を紹介させていただきました。

 

ご自身が日常で感じたことを英語で日記に書いてみませんか?

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (7 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

幼少期に6年間南アフリカ共和国で生活したことのあるMika先生は日常的に英語を使う環境で育ちました。英語の魅力に目覚めた後、帰国後は大学で英語を学び、さらには英語を使って仕事をされています。毎日の生活のための英語、アカデミックな学びの英語、そして職業としての英語。これらすべての英語を経験してきたMika先生に、あなたが必要としている英語を学んでください。