【英検準一級に頻出!】個人的に暗記しておいてよかった動詞10

【 英検準一級に頻出!】

みなさん、こんにちは!

英語の文の要素として一番重要な部分はどこかと聞かれれば「動詞」なのではないでしょうか。

英文の肝と言えば多くの方が「動詞」だと言えるくらいとても重要な言葉です。それは英文の「動詞」を見れば「どのような動作をしているのか」はもちろん、「過去の話か、未来の話か」「能動的な内容か、受動的な内容か」「質問しているのか、否定しているのか」などが判断できるからでしょう。多くの情報を読み取ることができるのです。

 

今回は、そんな「動詞」をピックアップし、特に英検準一級に頻出の単語をご紹介していきたいと思います。

シリーズの前回の記事、「【英検準一級に頻出!】個人的に暗記しておいてよかった形容詞10」の復習をしたい方はこちらからどうぞ!

私が個人的に暗記しておいてよかったと感じる動詞を10個集めてみましたので、一緒に確認していきましょう。もし記憶できていない単語があれば、「あとで覚えよう」とするのではなく、この場で覚えるようにしましょう。

地道ではありますが、そういった意識の積み重ねがボキャブラリー強化に繋がっていくのです。

 

英検準一級に頻出し覚えておいてよかったと思える動詞を10個ご紹介!

さてそれでは早速、英検準一級に頻出し覚えておいてよかったと思える動詞を10個選択してみましたのでご覧ください。7個以上瞬時に意味が分かる方は、なかなかの上級者なのではないでしょうか。

 

① graze    ② endorse    ➂ lessen    ④ infect    ⑤ inflict    ⑥ stroll    ⑦ magnify

⑧ summon    ⑨ formulate    ⑩ facilitate

 

さて、いかがですか?

それでは一緒に意味をチェックしていきましょう。

graze  

「(草を)食べる、軽く食べる、かすめて通る」という意味です。少し難易度が高い動詞かと思いますが、不意に登場するという印象がありますので、覚えておいて損はないかと思います。

名詞では、「擦りむくこと、かすり傷」という意味もあるので押さえておきましょう。

 

② endorse

「裏書きをする、賛成する、支持する」という意味です。TOEICでも頻出する動詞ですね。また名詞形のendorsement「裏書き、保証、是認」も覚えておきましょう。

 

➂ lessen 

「少なくする、減らす」の意味です。焦っているとlesson「授業、レッスン、教訓」と見間違える可能性もありますので、注意しましょう。同義語としてはdecrease、lower、reduce、taperなどが挙げられます。

 

④ infect

「感染させる、(病原菌などが傷口などを)侵す」という意味です。病気に限らず、「コンピューターウイルスに侵される」というときにも使われます。

 

⑤ inflict 

「(打撲・傷・罰を人に)与える、負わせる」という意味です。悪い影響を与えるときに使われる動詞です。

 

⑥ stroll 

「ぶらつく、散歩する、巡業する」という意味です。go for a stroll、take a strollも「散歩する」という意味になります。

 

⑦ magnify

「拡大する、大げさに言う」という意味です。同義語としてはbroaden、enlarge、expandなどが挙げられるでしょう。

 

⑧ summon

「召喚する、呼び出す、招集する」という意味です。summon an assembly(a conference)「会議を招集する」という使われ方をします。

 

⑨ formulate 

「明確に述べる、公式化する、考案する」という意味です。「form」はラテン語で(英語でもそうですが)「形・姿」を意味します。さらに接尾辞の「-ate」で「~させる、~する」を表すので、そのような意味になったのでしょう。

 

⑩ facilitate

「容易にする、楽にする、促進する」という意味になります。こちらもTOEICではよく見かけますね。同義語としてはease、simplifyで、反意語としてはcomplicateが挙げられるでしょう。

 

以上ですが、それぞれの意味はいかがだったでしょうか。

瞬時に意味が出てこない動詞があれば、これも何かのタイミングだと思いますので、この場で覚えるようにしましょう。

 

 

今回は、英検準一級に頻出する、個人的に暗記しておいてよかった動詞10個をご紹介しました。

全て覚えていた方はなかなかの強者だと思います。意味がわからなかったものは同義語や反意語と絡めて覚えても良いですし、イディオムで暗記してもいいでしょう。もしくはご自分で短文やフレーズを作って、それを何度も暗唱してもいいかもしれません。

「塵も積もれば山となる」とは言いますが、「塵」も決してバカにはできません。毎日の地道な作業、小さな努力を繰り返して、語彙力を強化していきましょう。

 

 

英検ライティング対策に興味を持った方は、フルーツフルイングリッシュに「無料英語テスト800問(解説付き)」というものがあります。お試しください→こちら

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (3 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際系の大学を卒業後、オーストラリア留学、某国産自動車ディーラー営業職、子ども英会話教室マネージャー、公立中学校の特別学級の担任、都内にある某有名出版社の英文添削者(主に国公立難関校志望の生徒さんを担当)を経験。さらに中学・高校の英語の教員免許取得、英検準一級合格、TOEIC730(2020年1月受験結果)、メンタル心理カウンセラーの資格を活かし、10年以上英語担当の塾講師として全国の学習者の指導に当たっている。また不定期にセミナー講師(心理学を応用した英語学習や自己啓発、スピリチュアル関連)も務めている。