【TOEIC対策】英単語の暗記に役に立つコロケーション集

【TOEIC対策】英単語の暗記に役に立つコロケーション集

みなさん、こんにちは!

TOEICに出る英単語、みなさんはどのように学習しているでしょうか。

ひたすらノートに書いて覚える方、音読しながら覚えていく方、例文を踏まえて覚えていく方など
それぞれ自分に合った方法で暗記しているのではないでしょうか。

単語暗記には色々な方法がありますが、意味の塊として覚えていくという方法もあります。

それ、が今回ご紹介するコロケーションというものです。

「コロケーション」とは特定の動詞と名詞がセットになっている語句を指すのですが、
このコロケーションを覚えることで単語暗記に対する負担がグッと軽減されますし、
意味も瞬時に理解することができ、読解スピード向上に起因するのです。

 

今回はそんなTOEICによく登場するコロケーションを集めてみましたので、今後のTOEIC学習の参考にしてみてください。

それでは、早速以下にコロケーションを挙げていきます。

 

もちろん後ろに続く名詞にはバリエーションがあり、
必ず以下に挙げた名詞がくるとは限りませんが、
似たような名詞がくることが多いのでそのニュアンスは掴めるかと思います。

 

単語一つ一つを地道に覚えていくのもいいですが、
こういった意味の塊として覚えていくことも一つの方法です。

ただ「知っている」「知らない」と確認するだけでなく
何度も口に出したり、書いたりして毎日触れるようにしましょう。

コロケーションを覚えることで英語を英語のまま理解することに繋がり、
いちいち頭の中で日本語を介さなくてもニュアンスが掴めるようになります。

そうすることで長文読解にかかる時間を短縮することにもなるでしょう。
今からご自分に合ったペースで語彙力を高めていきましょう。

 

TOEIC対策にも!いっきに覚えよう役に立つコロケーション集

open a new account (新しい口座を開く)、

affect the economy (経済に影響する)、

consider working abroad (海外での勤務を検討する)、

report to work (出勤する)、

meet the requirements (必要条件を満たす)、

hire a new consultant (新しいコンサルタントを雇う)、

tour their factory (彼らの工場を見学する)、

be aware of the new problem (新しい問題に気付く)、

be pleased with the result (その結果に満足している)、

be responsible for the training (その研修を担当している)、

make an appointment (予約する)、

be expected to arrive tomorrow (明日到着する予定だ)、

forward my e-mail (私のメールを転送する)、

be divided into four sections (4つのセクションに分かれている)、

be crowded with tourists (旅行客で混雑している)、

earn the respect (人々の尊敬を得る)、

operate the machine (その機会を操作する)、

attract many customers (多くのお客を引きつける)、

book a room (部屋を予約する)、

prove to be easy (容易だとわかる)、

provide them with some items (数点の商品を彼らに提供する)、

be encouraged to attend the meeting (そのミーティングに出席することを奨励される)、

deliver a presentation (プレゼンを行う)、

be worth listening (聞く価値がある)、

preserve a lot of plants (多くの植物を保護する)、

found a new company (新しい会社を設立する)、

be eager to watch (見たがる)、

seek a few employees (何人か従業員を探す)、

achieve a goal (目標を達成する)、

attach my ID (IDを添付する)、

confirm a booking (予約を確認する)、

negotiate with a customer (お客様と交渉する)、

distribute a document (書類を配布する)、

be required to join (参加することが求められる)、

obtain a license (免許を取得する)、

release the figures (数値を発表する)、

focus on our tasks (私たちの業務に集中する)、

facing each other (お互い向き合っている)、

point at a whiteboard (ホワイトボードを指している)、

be gathered outdoors (屋外に集まっている)、

examine a file (ファイルをチェックする)

 

いかがだったでしょうか。

ここで挙げさせてもらったのはほんの一部ですが、
これらを覚えるだけでもTOEICの問題に触れる際には役に立つ表現となります。
これらのコロケーションのまま覚えても構いませんし、

ご自分でコロケーションを作って覚えてもいいでしょう。
長い例文は作れなくても、上記のように3語程度の意味の塊は作れるはずです。
その意味の塊を自作することでより脳にインパクトを与えますし、それらの作業を通して何よりもリスニングやスピーキング、ライティングの能力向上にも繋がってきます。

 

最初はインプットを地道にこなさなければいけませんが、最終的にアウトプットするためには必要な作業です。
自然に口から出るようになるまで何度も復習をし、英語を自分のものにしましょう。

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (7 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際系の大学を卒業後、オーストラリア留学、某国産自動車ディーラー営業職、子ども英会話教室マネージャー、公立中学校の特別学級の担任、都内にある某有名出版社の英文添削者(主に国公立難関校志望の生徒さんを担当)を経験。さらに中学・高校の英語の教員免許取得、英検準一級合格、TOEIC730(2020年1月受験結果)、メンタル心理カウンセラーの資格を活かし、10年以上英語担当の塾講師として全国の学習者の指導に当たっている。また不定期にセミナー講師(心理学を応用した英語学習や自己啓発、スピリチュアル関連)も務めている。