【英検準一級に頻出!】個人的に暗記しておいてよかった形容詞10

【 英検準一級に頻出!】

みなさん、こんにちは!

語学学習においてボキャブラリー増強はとても大切な作業です。「学習の要」「土台」といっていいかもしれません。一生続けていく必要があるでしょう。

特に英検を受験する者にとっては、語彙力強化はとても大事な学習です。英検5~3級はそこまでではありませんが、準2級以上ともなると覚えなくてはいけない語彙がいっきに増えるでしょう。もちろんわからない単語は文脈から推測することは可能ですが、とはいっても一つでも多くの単語を暗記しておくのに越したことはありませんね。

今回は、単語の中でも、英検準一級の「形容詞」に焦点を当てご紹介していきたいと思います。これらは個人的に暗記しておいてよかった形容詞10個となりますので、これ機に全て暗記できているか確認してみましょう。

 

英検準一級に頻出!個人的に暗記しておいてよかった形容詞10

それでは早速、英検準一級に頻出し、かつ私が暗記しておいてよかったと感じる形容詞10個をご紹介していきます。7個以上、瞬時に意味がわかればなかなかの上級者なのではないでしょうか。それでは以下の単語をチェックしてみてください。

 

① substantial    ② competitive    ➂ beneficial    ④ controversial    ⑤ nutritious

⑥ intensive    ⑦ hesitant    ⑧ synthetic    ⑨ barren     ⑩ invaluable

 

いくつ意味が理解できたでしょうか。

それでは一緒に意味を確認していきましょう。

 

① substantial

「実体のある、相当な、たくさんの」という意味です。

He earned a substantial sum of money.(彼はかなりの額のお金を得た。)

と、量や程度などが「たくさんある」ことを示す形容詞です。

 

② competitive

「競争の、競争好きな、他に負けない」といった意味になります。

The store shows a competitive price.(そのお店は他に負けない(安い)価格を提示している。)

と、「他に負けない様」を示すときに使われます。

 

③ beneficial

「有益な、有利な」という意味で、後ろにtoを伴ってbeneficial to~「~のためになる」というイディオムも重要ですね。

 

④ controversial

「論争上の、議論の的になる、物議をかもす」という意味です。英検準一級の長文では国際的な会議や、世界情勢に関する話題も多く扱われているのでこのような単語を覚えていくことは重要です。

 

⑤ nutritious

「栄養のある、栄養になる」という意味ですね。健康に関する話題もときどき取り上げられますので、重要な単語です。

 

⑥ intensive

「激しい、徹底的な、集中的な」という意味ですね。

an intensive investigation(徹底的な調査)や、an intensive study(徹底的研究)といった表現で使われます。

 

⑦ hesitant

「躊躇した、ためらいがちな」という意味です。be hesitant to~「~するのをためらって」というイディオムも重要ですね。

例:He was hesitant to say no then.(そのとき彼は「ノー」と言うのをためらった。)

 

⑧ synthetic

「総合的な、合成の、人工的な」という意味です。「科学」に関する話題ではsynthetic chemistry(合成化学)、synthetic detergents(合成洗剤)などの語もよく出てきますので、一緒に押さえておきましょう。

 

⑨ barren

「不妊の、不毛の、味気ない」という意味です。a barren desert(不毛の砂漠)やa barren discussion(不毛な議論)と物理的なものに限らず、味気なさを強調するときに使われます。またbe barren of~「~のない、欠けた」も重要なイディオムですので覚えておきましょう。

 

⑩ invaluable

「非常に貴重な」という意味です。「in-」という接頭辞は通常「否定」を表しますが、invaluableはマイナスの意味ではなく、「評価できないほど、とても貴重である」という肯定の意味になります。valuable「貴重な」の強意系だといえるでしょう。ちなみに「金銭的に価値がある」場合はpricelessを用います。

例:My boss is invaluable to the company.(私の上司は会社にとってとても貴重な存在です。)

 

 

さて、今回の英検準一級に頻出する、覚えておくべき形容詞10についてはいかがだったでしょうか。

個人的にはこれら10個の形容詞を知っておくことで、解釈の幅も広がり意味をすんなり理解することができました。上記のように意味だけでなく例文と共に覚えたり、イディオムとセットで暗記して語彙力を強化してみてもいいでしょう。そういった地道な作業の積み重ねが、英検の合格力を上げていくのです。地道な作業を尊いものだと自覚し、今後も英単語に触れ合っていきましょう。

 

 

英検ライティング対策に興味を持った方は、フルーツフルイングリッシュに「無料英語テスト800問(解説付き)」というものがあります。お試しください→こちら

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (8 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際系の大学を卒業後、オーストラリア留学、某国産自動車ディーラー営業職、子ども英会話教室マネージャー、公立中学校の特別学級の担任、都内にある某有名出版社の英文添削者(主に国公立難関校志望の生徒さんを担当)を経験。さらに中学・高校の英語の教員免許取得、英検準一級合格、TOEIC730(2020年1月受験結果)、メンタル心理カウンセラーの資格を活かし、10年以上英語担当の塾講師として全国の学習者の指導に当たっている。また不定期にセミナー講師(心理学を応用した英語学習や自己啓発、スピリチュアル関連)も務めている。