TOEIC対策なしでTOEIC受験?

TOEIC対策なしでTOEIC受験?

TOEIC対策をせずに高スコアを取る

 

多くの方は、おそらくTOEIC受験に向けて対策をしていると思います。

 

TOEICを受けるのであれば、当然対策はするものですよね。

 

でも実は、ときどきTOEIC対策せずに勉強した方が後々楽なのではないか?と思うこともあります。

 

もちろん「TOEIC対策をせずに」なんてことは、会社や就職・転職活動で「いついつまでにスコアが必要」という状況にない人にしか言えないわけですが。

 

対策以外の勉強をすると単純に英語力の幅が広がる

 

例えば、海外ドラマや洋画、洋書、英字新聞、英会話など、何でもいいのですが、それらをしっかり学習するとTOEICに出題されないような単語や文法、スラングや言い回しに出会います。

 

TOEICというのはある程度「こういう単語が出る!」とか「こういう文法は出ない」などの枠があるようです。

 

しかしそれでも時々例外的に「え!こんなフレーズも登場するの?」なんてときがあります。

 

例えば、過去のTOEICでgift receiptなんてものが登場した時もあります。

 

gift receipt(ギフトレシート)というのは、プレゼントとしてもらった品物についているレシートです。

プレゼントをもらった人がプレゼントとgift receiptを持ってお店に行くと、返金や交換をすることができます。

 

日本にはそういうものはないですね。

 

僕自身がそのギフトレシートを実際に見たことはないのですが、海外ドラマで見たことがあります。

 

gift receiptとはいったい何なのかを知っていたおかげで、それが登場したTOEICの問題(たしか長文だったと思います)はすんなり解けたのですが、知らなかったら結構大変だっただろうと思います。

 

こういった経験から、TOEIC対策以外の学習をしておくことは結果的にTOEICを解くのが楽になることもあると思っています。

 

TOEIC対策をしないことで、TOEICの英文をきちんと読み聞くようになる

 

また、TOEIC対策をあえてしないことで、TOEIC受験をする時にしっかり英文と向き合うという意識も生まれてくるのではないかと考えています。

 

対策をするとどうしても「ひとつひとつの問題で正解を取ること」が最優先事項になってきます。

 

「正解することだけ」を優先的に考えると、どうしても効率を重視して「この部分は不要だから読まないでおこう」のように考えるようになりがちです。

 

でも、実はそのように考えてしまうと案外、本当は読まないと問題を解けない部分も読み飛ばしてしまうなどという事態が発生したりします。

 

対策ではない勉強を普段からして、英語を全てきっちりと読んで聞く癖をつけていればこういうことは起こりません。

 

だから、対策ではない勉強をすることでTOEICにおいても結果的には楽になる、ということはあるのではないかと思うのです。

 

もちろん、期限が決まった中でTOEIC受験をされている方はTOEIC対策をどんどんすべきだと思いますし、TOEIC対策だけをしている方の中にも英語を全てきっちり読んで聞いている方もいるので、一概には言えません。

 

でも、時々自分自身が「あまりに対策しすぎていないか?」と振り返ってみることはいいことなのかもしれませんね。

TOEIC対策に興味を持った方は、フルーツフルイングリッシュに「無料英語テスト800問(解説付き)」というものがあります。お試しください→こちらk

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (2 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA