【英語学習ーボキャブラリー・ビルディング】cip, cap, ceiv =「取る」「つかむ」

【英語学習ーボキャブラリー・ビルディング】cip, cap, ceiv =「取る」「つかむ」

みなさん、こんにちは。

 

またまた語源をテーマに書いてみますね。

Ken先生のシリーズ前回の記事、「【英語学習ーボキャブラリー・ビルディング】語源パーツequ =「等しい」から英単語を覚えよう!」を見逃した方はこちらからどうぞ!

 

今日のテーマは、先日、実際に生徒さんから頂いた質問をもとにしています。

 

生徒さんよりの質問:

participate 「参加する」

anticipate 「期待する」

をいつも混同しちゃうんですよね。これって似てますけど語源的には関係あるんでしょうか?

 

* * *

 

僕も英語レッスン中にはなるべく、時間の許す限り、思いつく限り、僕が知っている限りは語源の話はするのですが、この点については考えを巡らせたことはありませんした。(ほんとうに、教えることって気づきの連続です)

 

そこで僕も改めて調べてみました。

英単語の語源を探ってみよう!ーparticipate

 

【participate = part + cipate】

まずはparticipate の方から考えてみましょう。

今回挙げたこの2つの言葉ではticipateのスペルが共通していますが、語源のパーツの切れ目としてはparticipateについてはpart + cipateです。

 

partの部分は、そのまま現代でも単語として成立し得るように「役割」「役目」を表します。

そしてcipateの部分は、現代の英語でいうとgrasp「つかむ」に相当します。

 

つまり

part「役割」 + cipate「とる」=「参加する」

 

ですね。ここで思い出したあなたは鋭い!そうです、 take part in  と同じことですよね。

 

このcipateという要素のもとももとの形はkapで、これが変化し、現代の英語では、例えば、capture 「とらえる」, caption「短い説明文」、またceiveというスペリングに変化したものもあり、conceive「抱く」, perceive「見抜く」「把握する」, deceive「だます」となっているものもあります。

 

英単語の語源を探ってみよう!ーanticipate

 

【anticipate = anti + cipate】

それでは anticipateについてです。

後半のcipateは上記と同様なのでantiについて。

このパーツについて、僕はずっと勝手に「反対の」「対抗する」のみの意味だと思っていたんですが(antibacterial「抗菌性の」、antivirus「抗ウイルス性の」、antibiotic「抗生物質」)、どうやらそもそも意味は「前の」という意味のようです。現在の英語でいうならば、front, foreheadです。

 

つまり、

anti 「前もって」+ cipate「とる」=「期待する」

 

ですね。

これはこれで「そうか、そういうことか」とは納得するのですが、しかし、antiが始めにつく単語を辞書で調べてみても、「反」「抗」の意味で使われているものが大半です。もともとは「前」だったけど今は「反」「抗」の意味がほとんどだ、と理解しておくのが便利、ということでしょうね。

 

* * *

 

途中にもちらっと書きましたが、生徒さんのちょっとした質問から僕が学ぶことってたくさんあります。今回もこうやって調べる機会を得ることができました。ありがたいなあと思っているKenでした。

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (4 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA