ネイティブ英語: I mean~の意味と使い方

I mean、~って?ー私は意地悪な人?

 

皆さん、こんにちは。

フルーツフルイングリッシュのEriiです!

今回はネイティブがよく使う

I mean、~をご紹介します。

 

まずはI mean、~これはどういった意味なのでしょうか?

ネイティブが、I mean, can you believe her?のように、

文の前にI meanを入れて使っているのを聞いたことがありませんか?

 

アメリカ英語を勉強されている方は、meanと聞けば

形容詞「意地の悪い・たちの悪い」を思い浮かべるのでは

ないでしょうか?

 

でも、I mean、~は自分が意地が悪いことを

アピールしている訳ではありません!!

 

(そうだとしたらbe動詞が入り、I am meanとなりますよね!)

 

I meanの3つの役割

 

それでは、I mean、~の意味を見ていきましょう。

I mean~のmeanは「~を意味する」という意味から派生した

フレーズで、強調訂正補足に使われます。

 

①強調

I mean,~はその後に続く文章を強調したい時に使います。

例えば、次の文を見てみましょう。

 

Hear this. My roommate borrowed my watch without premission and broke it! I mean, can you believe her?

「聞いて。私のルームメイトが断りなく私の腕時計を借りて、その上壊したのよ。信じられないでしょ!?」

 

“can you believe her?”は

「彼女のしたことが信じられる?」は

修辞疑問文(rhetorical question)で、

実際に相手に「信じられるかどうか」を答えて欲しいのではなく、

自分の主張を強めるために疑問形になっています。

つまり、「信じられないわよね!」という意味になります。

 

修辞疑問文であることで既に「信じられない」ことが強調されますが、

I mean,~を加えることで更に強調されます。

腕時計を壊されてしまったことに相当怒っているのでしょう・・・

 

② 訂正

次は「訂正」のための使い方をご紹介します。

「訂正」として使う場合は、前の文を訂正します

 

例)The nail clipper is in the left drawer. Oops, I mean  the right!

「爪切りは左の引出に入っているよ。あ、ごめん、右だ!」

 

「爪切りは左の引出に入っている」と言った後に話し手は

間違っていることに気付いたのですね!

そのため、発言を訂正するために、

I mean the right!

と言っています。

(過去形I meantを使って、I meant the right.と言ってもOKです。)

 

I mean~を加えることで

その後に訂正がくるのだなと相手に伝えることができます。

このように前の文を訂正するために使用することもできます。

 

③補足

I mean,~は前の文を「補足」こともできます。

下の例文を見てみましょう。

 

The magic show was unbelievable! I mean, the magician pulled a knife out of this throat!

「マジックショーは凄かったよ!だって、マジシャンが喉からナイフを引っ張り出したんだよ!」

 

上の文ではなぜ「凄い」と思ったのかを2文目で補足しています。

I mean,~は「何が凄かったって(マジシャンが喉からナイフを引っ張り出したんだよ!)」

という意味の役割を果たしてくれています。

 

このようにI mean,~は3つの役割

強調、訂正、補足

を果たす前置きとして使うことができます。

ちなみに口語で主に使われ、

書き言葉ではあまり使われませんのでご注意ください。

 

これを読んでもう少し英語を勉強しようと思われた方は↓↓↓

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

【12/6(月)まで限定!】あなたはこんな間違えをしていませんか?

登場頻度が高いのに、日本人が最も間違える文法テーマがあります。
ネイティブなら、おしゃべりを始めた子どもから、老人に至るまで、学力の差に関わらずこの文法テーマを間違えて使うことはありません。

たった1つの文法テーマを、たった3つの簡単なルールで覚えるだけで、間違いなくあなたの英語の印象が良くなります!
自然な英語を目指しているなら、何よりもまずこれから学んでください。

送料550円のみで、通常3,850円の1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

その文法テーマとは?

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (17 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分以上をアメリカで過ごし、アメリカの大学では言語学のアシスタントとして活躍されたり ネパールでも英語の講師をされていた経験があり、国際経験豊かな先生です。 人見知りしない性格で、誰とでも仲良くなる性格とホスピタリティーは英語指導にも表れています。生徒様から人気で、お客様満足度評価も高い先生です。