【英語学習ーボキャブラリー・ビルディング】語源パーツequ =「等しい」から英単語を覚えよう!

【英語学習ーボキャブラリー・ビルディング】語源パーツequ =「等しい」から英単語を覚えよう!

みなさん、こんにちは。Kenです。

 

またまた語源をテーマに書いてみますね。

今日紹介するのは比較的見た目にもわかりやすいかな。

Ken先生のブログシリーズ前回の記事、「【英語学習ーボキャブラリー・ビルディング】語源を知ると、一見繋がりのない意味も・・・?」 を見逃した方はこちらからどうぞ!

 

語源から覚える英単語!

今日のテーマは

equ =「等しい」

です。

 

【Spring Equinox Day】

春分の日は、英語で

 

Spring Equinox Day または Vernal Equinox Day

 

と言います。

spring、または vernal は「春の」という意味です。

 

つぎに、今回取り上げる equ が入っているのが equinox の部分ですね。

equは「等しい」という意味を表すパーツです。

そう、そうです。もうお気づきですね。昼と夜の長さが同じ、ということを表しているのです。

 

そして、noxは「夜」を表します。(なんで「昼」の話はないんだろう?という疑問が湧いてきましたが、すみません、調べきれませんでした・・・)

 

【equator】

もうみなさんご存知の「赤道」です。これは赤道が「地球を半分に等しく分ける線」であることからこの単語になりました。

 

【equal】

これはほんとにみたまま、語源のパーツそのまま、「等しい」「イコール」ですね。

 

【equivalent】

「等しい」「等価の」という形容詞です。

equiより後ろの、valentのあたりはどんな意味でしょう?

お気づきかな。

そうです、value「価値」です!

ということで「等価の」という訳はもう、ほんとうに英語のままを漢字で表しているのでした。

 

【adequate】

「適切な」という形容詞です。

ad「〜に/〜へ」 + equ「等しい」 = 「〜に合う」→「適切な」

このように語の中に equは潜んでいることもありますね。

 

********

さて、ここまでは、おそらく皆さんがすでに知っている単語の中に見えるequを紹介してきました。

 

語源パーツから類推することにより未知の英単語の意味を想像しよう!

 

ところで僕がこのブログで語源を紹介しているのは2つの理由があります。

1つ目は、既に知っている言葉をより有機的に、つまり生き物として捉えたいのです。

「あれとこれは実はつながっている」と考えることで漢字の「へん」や「つくり」のように、「見たらわかる」ようになりたいのです。

 

そしてもう一つの目的は、未知の単語でもパーツから類推することにより意味を想像できるようになりたい、ということです。

例えばこんなのです。

 

【equidistant】

あまり日常的に見る単語ではないですよね。でも、ほら、よくみると

 

?

?

?

?

?

!

!
!
!

equi + distant

そうです、

「等」「距離」

・・・正解! 「〜から等距離の」という意味の形容詞です。

それから、

 

【equiangular】

これもかなり専門的な言葉です。でもよく見てみましょう・・・

?

?

?

?

?

!

!
!
!

equi + angular

「等」「角度(angle)」

「同じ角度の」という形容詞です。ね、気がつけるようになったのではないでしょうか。

 

もちろん、こんな類推がいつも通用するとは限りませんが、「英語も漢字のように見たらわかる(こともある)」ということを、今月もお伝えしたいKenでした。

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (8 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA