【話を合わせる】何か気になる!英語で言えるかなシリーズ第3弾

【話を合わせる】何か気になる!英語で言えるかなシリーズ第3弾

Hello there!

皆さま こんにちは

インストラクターの H. Yoko です。

 

今回は、以前「口パク(2020年1月)」そして「~し損ねる(2020年2月)」に引き続き、”英語で言えるかな?シリーズ”です。

 

タイトルのとおりなのですが「話を合わせる」という表現です。

 

英語で言えるかな?シリーズ〜 “~に話を合わせる”

 

ごめん、ちょっとお母さんにウソついちゃったから話しを(私に)話しを合わせてくれない?

 

嘘をつかれてしまったお母さんとしては辛いところですが、「男の子と出かける」とは言えず「○○ちゃん(お母さんも良く知っている友人)と遊びに行ってくる」とお母さんに言ってしまったので、その○○ちゃんに話しを合わせてもらおう、というシチュエーション、十分に想像がつくと思います。(ここでは○○ちゃんの気持ちは無視しております。)

 

A: Well, when I was leaving home, I told my mum I was going to go shopping with you.

家を出る時(あなたと)買い物に行くって、お母さんに言ってきたの。

 

B: Oh, that is a lie. I actually saw your mum at the grocery store and she was wondering why I was not with you.

それってウソじゃん!実はお母さんにスーパーで会ってね、何で娘と一緒じゃないのって不思議がってたよ。

 

こんな感じだとどうにもなりませんが… 話しを戻します。

 

go along with + 人や物事

 

話しを合わせる~、と表現したい場合は go along (動詞)を使うことができます。

 

厳密には

 

主語 + go along with + 話を合わせる相手、もしくは、合わせる内容

 

などとなります。

 

go along with は切り離して使用することはできませんので、必ずセットでお使いになってください。言うまでもないと思いますが

 

過去形: went along with…

現在完了形: have gone along with…

過去完了形: had gone along with…

未来形: will go along with… / be going to go along with

 

など、時制も使い分け可能です。

 

“話を合わせる” の ”話” はどこへ?

 

 

日本語に訳すと「話し」に当たる表現がありませんので、何となく「うーん」というお気持ちになるかも知れませんが、基本的には問題ありません。英語の場合は

 

~に合わせる

~に同調する

 

という解釈で十分に伝わります。

 

例えば

 

-Whatever I say, go along with me, please.

私に話しを合わせてね。

(=私の話しに、あなたが合わせる

 

このように

 

私が何を言おうと、それに合わせてちょうだい~

 

という表現となります。補足があることでより分かりやすくなります。ちなみにですが、上記の例文は

 

-Please go along with me whatever I say.

 

このように前後を入れ替えることも可能です。「何を」先に言いたいのか?そちらを意識しながら構成してみてください。

 

先ほどご紹介しましたように

 

go along with + 合わせる内容など

 

この場合は必ず「名詞」もしくは「名詞句」を使用します。

 

先ほどのようにお母さんにウソをついてしまった場合であれば

 

-Can you go along with my story? I want you to pretend to be with me.

私の話しに合わせてくれない?一緒にいたようにふるまって欲しいの。

 

などと表現することができます。

 

However, sometimes, you need to have the courage to say ‘No’.

―時として「ノー」と言える勇気も必要ですよね

 

See you next time 🙂

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (13 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。