reallyは位置だけで意味が変わる?!

reallyは位置だけで意味が変わる?!

こんにちは、講師のエリカです。

今回は、【副詞の位置】についてお話します。その中でも、特にreally(本当に)という副詞に注目したいと思います。

副詞は文の中で色んな位置に置くことができますが、実はその位置によって、ニュアンスが微妙に変わることがあります。特にこのreallyは、かなり意味が変わってしまうことがありますので、要注意です!

 

次の例文を見てみましょう。

① I don’t really have time.

② I really don’t have time.

この二つの例文の意味はどう違うのでしょうか?変わったのはreallyの位置だけですね。

 

結論から言いますと、実はreallyの位置が変わっただけで、ほとんど真逆の意味になってしまったのです。というのもちょっと大げさかもしれませんが、かなりニュアンスが変わりました。

 

上の例文を意訳すれば…。

① あまり時間がない。

② 本当に時間がないんだ。

のような感じになります。後者の方が、明らかに切羽詰った状況ですね!

 

後者のようにreallyをdon’tの前に置くと、don’tを強調することになりますので、「本当にない」ということが強調されます。一方、前者のようにdon’tの後ろに置くと、reallyの強調語としての役割が弱くなり、「あまりない」「本当はないけど…」のような少し弱いニュアンスに変わります。

 

さて、次の例文はいかがでしょうか。

③ You are really smart.

④ You really are smart.

 

こちらを日本語に訳すと…。

③ あなたは本当に賢い。

④ 本当にあなたは賢いんだ。

のような感じになります。

 

前者では、reallyはsmartの直前にあるので、smartという形容詞が強調され、「本当に賢い」という意味になります。一方、後者は「賢いとは聞いていたけど、本当にそうなんだね」のようなイメージが浮かびます。「smartであることが本当である」という点に着目しているのですね。後者のニュアンスは言葉では少し説明しづらいのですが、大体のイメージは掴んでいただけましたでしょうか?

 

特にreally don’tとdon’t reallyは間違えてしまうと相手に誤解を与える可能性がありますので、とりあえず、reallyがdon’tの前に来ているときは「ないことが強調されている」と覚えましょう!

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA